ボイスオーバー 解説

【大変でしたが】ボイスオーバー業で1月に自身最高月収達成【夢の7桁】

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

月収100万円越え

やったー。

2月も少し経ってしまいましたが、

一番大きな金額の未確定案件があったので中々確定できませんでしたが、

無事発注書が届き(遅い)、金額としては確定と相成りました。

まぁ報酬は回収するまでがお仕事なのですが、今月は怪しげな業者はまぁいないかなと。

その額、

なんと、

1,241,232円ナーリ。

パチパチパチ。これもまぁドル円の影響を受けますので概算ではあるのですが。

円安になーれと日々魔法をかけつつ過ごしております。

いやーめでたい。

100いくのかな?いかないのかな?なんて状態でしたが、蓋をあけたら120も超えておりました。

ここまでいけるもんなのですね。

月収100万越えの感覚

実感としてはまだあまりありません。

事務所経由の報酬のように一括で入ってくるわけではなく、プラットフォームから引き落とすか落とさないかの判断もあったりしますので、徐々に溜まっていく感じになるんだろうなぁと思います。

そもそもカツカツの生活をしているわけでもなく、金銭感覚も東京アルバイト暮らしの頃のままだし、あまり人と合わなくなりましたしね。

もちろん嬉しいし、こういう成果を発表することで、ボイスオーバーに興味を持ったり裾野が広がってくれると嬉しいなとは思いますが、人生変わるとかそういう事はないですね。

芸能人をハタからみていると、月収で100万近く毎週もらっているなら、価値観変わるだろーなーとか思っていましたが、まぁそんなでもないのかなと。

そこから人付き合いの中で周りの見方や金払いが変わって少しずつ変化していくんでしょうね。

お金目当ての人も寄ってきそうだし。人間不信にもなっていくのでしょう。

そこへいくと、ひきこもりの自分には関係のない感覚ですね(ドヤァ)

まぁ余剰金は小金持ちを目指して小規模企業共済やidecoのような節税や投資へと向いていくのでしょうかね。

忙しさは

さて、そんな100万越えを達成した月の忙しさはというと。

1人インタビューのようになってきましたが、

案件本数としては大小合わせて113本。

まぁ平均的といえば平均的です。

中でも高単価目の案件に恵まれて、

一つ大手企業案件の大量のプロジェクトが大きかったでしょうか。

それだけで5、60万はいきましたが、それ抜きでも6、70はあったので、一本ホームランで、というわけでもなさそうです。

当月中はもう1ヶ月を通して忙しかったでしょうか。1日も何も録らないという日はなく、何も残ってないという日もありませんでした。

そしてなんと昨日全てを撮り終え真っ白男となってヒャッホウとなりました。

月収よりも案件を全て終えた事の方が爽快感があったかもしれません。

休みはほぼありませんでしたが、各案件を余裕を持って提出している優等生なだけなので、その中で予定を作ろうと思えば作れましたし、徹夜は一度もありませんでした。

実際喋る喉のコンディションには限界があるし、編集と確認の方が実務時間は長いのですが、それも日中と夜で終わらせられるくらいでした。

なによりいつもと違う無茶をして、喉が潰れることが一番怖かったですね。

なので健康的な生活リズムは極力守りながら仕事はできていました。

何が必要か

月収100万越えに何が必要かと言われると、

それはブログの中でいろいろと伝えていることがきちんとできていて、

一定のクオリティを保ち続けて、営業を続けていたら、いつか縁が増えてきて、こんな月も出てくる。

という感じですね。

先々月はは50万ちょいだったので、急な上昇で、これこそ中々出会う事の無い現象なのでしょうが、また新たな自己記録をライバルに、日々頑張っていきたいと思う所存です。

ベテランナレーターでもない、有名な声優でもない、インフルエンサーでもない、

ないことづくめの細々ボイスオーバーアーティストがここまでやれました。

やったことは、未知の宅録の世界へダイブして、明確な目標とする人もいない中で、可能性を信じて泳ぎ続けてみた事だけです。

もちろん一定の手応えが無かったら途中でやめていたかもしれません。
そこに必要としてくださる方々いてくれたから続けてこれました。

今後もボイスオーバー業界はどうなっていくのか綴っていきたいと思います。

安定して稼ぎ続けていけるのか、大手の参入などでレッドオーシャンになり落ちぶれていくのか、

その時々のリアルを載せていきます。まぁ収入が微妙な月の事を書いてもしょうがないしなぁとも思ったりしますが・・。

多くの人がボイスオーバーへ興味を持ってくだされば嬉しいですし、

逆にまったく見られなければ、ボイスオーバーのブルーオーシャンが続いているということなのでそれはそれで笑

今月も楽しみながら声で稼いでいきたいと思います。

ではでは。