ボイスオーバー 解説

【ボイスオーバー】初心者なら仲介というやり方もあるよ【エージェント】

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業で、宅録での声のお仕事=ボイスオーバーを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

ボイスオーバーとは?【結論:声のお仕事の事】 こんにちわ、ひろです。 現在宅録で声の仕事を専業にしています。 ボイスオーバーボイスオーバーというけどそれなんなん?と...
副業にオススメ!「ボイスオーバー」【月収50万を稼いでみた経験から】 現在宅録で声の仕事を専業にしています。 副業から初めて専業になり、それから1年弱。 良い時には月収で50万円を稼げるよ...

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

さて、本日はまだまだボイスオーバー初心者で、なかなか案件が取れないという人、

ボイスオーバー に関わってみたいけど、しゃべりには自信がない。

という人へ向けた解説となっています。

ではいきましょう

エージェントとは

さてさて、エージェントというのはご存知でしょうか?

アメリカなどでは、芸能事務所という概念があまり強くなく、

個人のタレントに個人のエージェント(仲介業者)がつくような感じ。

エージェントがタレントと契約し、業界のツテなどからオーディションを紹介したり、仕事を斡旋したりします。

日本の声優事務所のように、

役者を育てる養成所から、無名な新人をオーディションに斡旋し、
人気の稼ぎ頭にして投資を回収する、というような形態は珍しいようです。

ただ日本においてもせっかく育てたものの移籍したり個人事務所を設立してしまったり、
そして現代はそこに圧力でもかけようもんならすぐに個人で発信されてしまうし、
ファンも裏事情などに敏感になり、事務所というものの運営もなかなか難しい時代になってきています。

逆に移籍で実力あるタレントを取ろうにも、移籍で来るような子はちょっと嫌なことがあったり仕事がない時期があると、すぐ他へ行こうとする。というマネージャーの嘆きなども聞いた事もありますが。

ということで、スタジオ声優業界にも、実力があれば個人事務所や、少人数精鋭の事務所でも十分にやっていける時代になりましたし、

逆に専属で売れてる子のギャランティが頼りで、それだけでスタッフの給料や事務所の維持費、若手の教育や営業にまで使われているという状況を肯定的に感じる売れっ子がどのくらいいるだろうかという感じですよね。

20パーセントが事務所配分だとすると、100万円だったら20万ですが、1億円だったら2000万が事務所へ入り、経営に使われるわけです。

個人事務所であれば、より少ない運営費でやっていけますしね。

ボイスオーバーでは

少々エグめの話になってしまいましたが、

エージェントという仕事、ボイスオーバー においてはどうか。

ずばり、ボイスオーバー にもエージェントというのは存在します。

自分が受ける案件相談の中にも、

直接のクライアントではないけれど、仲介するからオーディションに参加しないかというようなものもあれば、

直接のクライアントっぽい雰囲気を醸しながら、実は仲介です。

というような人まで、エージェントは存在します。

もちろんお金が動くところには仲介が存在できます。

25万の案件を15万で引き受けてくれる人がいれば、10万は仲介料としてもらえるわけです。

それも基本的な業務はアーティストが遂行するので、

エージェントとしては、最適な人物と思う人を見つけてきて、紹介するということだけですから。

もちろん決まるまでに大変な道のりもありますが。

どんな形が存在するか

エージェントといっても様々です。

完全に個人で自由に動いているところもあれば、

音響制作会社や動画制作会社と組みながら、組織として動いているところ、

サイトも作って、タレント一覧などもだして、広く営業をしながら回していく、
専業じゃないだけの事務所的な立ち回りをしているところもあります。

事務所と違うのは、タレントをしっかり縛るわけではないので、必要な時があれば使うし、与える仕事がなければ放置ということができたりします。

タレント側も、まぁたまに使ってくれるのなら繋がっておきましょうか、というくらいで関われる。

それぞれの形でメリットデメリットはあり、

個人は自由に活動できますが、

組織になってくると、縛られたり、一定の時間働く事を要求されたり、ノルマなどがあるかもしれません。

ですが、しっかり組織だって声だけじゃなくいろんな素材をまとめて作ってくれるところであれば、
付加価値を感じてオーダーがたくさん入ってくるかもしれません。

どんな人に向いているか

ボイスオーバーで頑張っていきたいけど、まだまだ自分の活動に余裕がある人。

要するにあまり仕事が無い方とも言えますが、そういう人はたくさんのクライアントさんと絡み、自分の存在も知ってもらいながら、案件にフィットする人を紹介していき、自分がいけるものがあれば自分が担当するよう交渉する。

自身の営業を兼ねて活動していくというパターン。

逆に売れすぎてできない案件が増えすぎたので他の人へ仲介するという形で始めている人もいます。

仲介となることで、他の人のプレイや、クライアントが何を求めているか、自分のクオリティの信用を落とす事なく勉強していくことができます。

副業はしたいけど特にスキルがあるわけではない人

こういう方も、適切にクリエイターを紹介する。クリエイターを組織化する。システム化する。という事も仕事になります。

何が必要かというとマーケティングやコミュニケーションのスキルというところでしょうか。

クリエイターも真面目な人ばかりではないので、人を見極める力や、トラブル処理というような部分も大切かもしれません。

玉石混交の時代で、クオリティを担保できるならそれは大きな価値となります。

まだまだ動画、音声業界も伸びていく市場なので、今から組織を作って一定の信頼を得ていると、長く続く組織になるかもしれません。

業界に詳しくないとダメなのかというと必ずしもそうではありません。

アニメ知識は浅いけれど、アニメーション制作で組織を作っている人もいたりします。
どっぷり浸かってないからこそ見える新しいやり方などもあるかもしれませんしね。

新しい業界で大事なのは、固定観念に囚われない、自由な発想かもしれません。

まとめ

ということで、ボイスオーバー 気になるけど、読みの技術なんてまだまだだよ、やってみたいけどなかなか案件とれないよ、という人への提案でした。

いろんな仕事がシナジーになるという話はよくしてしますが、

【ボイスオーバー】目指すならやっておくべき事【声優も同じ】 専業で、宅録での声のお仕事=ボイスオーバーを生業にしています。 声を仕事にしてみたい、副業を作りたい人という人へ情報をお届け...
【シナジーと】ネットで声優・ナレーター・ボイスオーバー を目指すならやっておくべき事【具体的な業務】 ひろです。 専業で、宅録での声のお仕事=ボイスオーバーを生業にしています。 声を仕事にしてみたい、副業を作りたい人とい...

個々のクリエイターが点在している現在から、今後はその間を取り持つ存在というのも、大きなバリューとなっていくのではないかと思います。

youtube事務所の離脱騒動なんかも見ると、どこまでの自由さとクリエイターにとっての価値を創造できるかかなぁと思います。

まぁもう名の売れているトップクリエイターをまとめようってのがそもそも無理ゲーな気もしますけどね。

ということで、広がるクラウドワーク世界の新たな生き方の紹介でした。

何が自分の強みと合っているか、常に自問自答しながら、収入柱を作っていきましょうね。

ではでは。