ボイスオーバー 解説

日本の宅録・ボイスオーバー案件獲得のためには◯◯が必須。

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

ずばり、演じ分け力。

結論から言って、上記の力が宅録での声優・ナレーター・ボイスオーバー 案件にとって重要です。

なぜなら、基本的には声の仕事のクオリティを考えた場合、

現状、潤沢な予算があれば、「著名声優・ナレーターを抱える事務所にプロスタジオを抑える」という組み合わせが『最強』で、間違っても下手な事にはならない。というのが共通認識なのは変わりません。

宅録・ボイスオーバーに頼むということはその時点で、予算が限られている、大都市の高予算案件ではないという事がほとんどです。

そんな中で、何人もの人を雇って納得してもらえる予算が無い事も多いとなると、

何役かの兼ね役をお願いされるという事は基本マストと考えておきましょう。

まぁアニメや海外もののドキュメンタリーの吹き替えなど、プロスタジオでやっていても兼ね役というのはよくあるものですが・・。

ただメインでそんなにキャラが極端に変わらないような役でもバシバシ1人に振ってくるところが宅録・ボイスオーバーの恐ろしいところ。

ある程度芝居の深みを知れば知るほど、芝居において1人で複数役やるというのが酔狂な行いで、
自信満々に私何役もやれるのよとか言ってる人のプレイの自己満足率の高いこと・・

などと腐している場合ではなく、クライアント様の要望とあらばそれは避けられない事なので、

頼まれる側として、まず何を意識して役柄の差をつけていくのかというポイントを探っていきましょう。

スピード

まずはスピード。

スピードに年齢が出る事が多く、最も手軽に変化をつけられるものでしょう。

若ければ早く、年配ほどゆっくりと、というところが一般的な年齢差でしょう。

案件によってはスピードはとにかく早く、というような要望もあったりするので、
スピードが自由になる時には、役柄によってスピードの変化を気にしてみましょうという事です。

声のかすれ

続きまして、声の部分ですね。

一般的に特別な訓練をしていない場合、声帯もおいていきます。

徐々に声を出す時に声帯がぴったりと合わなくなってきて、かすれた状態でしゃべる事が普通になってきてしまう者。

なので、年配を意識する時にはどの程度のかすれ具合を演出するのかというのは、演じ分けのわかりやすい技術となります。

抑揚

スピードと関連してくる部分でもありますが、

年配を演出する場合、スピードが落ちると、それに合わせて丁寧な発音や抑揚もついてくることによって、

抑揚の幅が大きくなる事が多いです。

どの程度抑揚の幅を持たせて喋るのかでキャラクターの違いが出てきます。

音程

これは最もわかりやすいところでしょうか。

高い音、真ん中、低音、どこをベースに喋るのかを決めるだけでも、違うキャラクターのように差をつけることができます。

なので音域を広げる訓練というのはとても大切な事です。

それもただ高ければ、低ければいいかというとそうではなく、無理やり出すような詰まった音では、無理やりだしてるなーが前面に出てしまいリアリティが全くなくなってしまいます。

鼻腔や胸腔などをしっかりと振動させる、共鳴を利用して、喉の力を抜いた発声ができると自然になってきます。

姿勢

声での演技となると意外とおざなりになりがちなのが姿勢です。

体からもキャラクターの特徴はしっかり出ていて、それによって変わってくる声の変化が繊細な役どころの変化をリアリティーを持って演出するための大事なポイントです。

対象のキャラがどんな姿勢なのか、常に意識しながら演じ分けてみましょう。

キャラ感

総合的な話になりますが、

どんなキャラクターの感じを持っているのか、チンピラならオラオラした感じ、ナルシストなら少し息を抜きながら語尾に特徴を作ってあげる、小さい子なら声変わり前ということで高い音程を維持して声帯をきっちり閉じてハリのある音を演出する。

といった、それぞれのキャラクターに対して説得力のある声の使い方というのは少なからず存在します。

以上

ということで、
これらのポイントを軸にした上で、色んなキャラクターの要素のバリエーションを日頃からいかにたくさん捉えておくかで、短納期で対応しないといけないボイスオーバーで力を発揮できるか、リピートにつながっていけるかということになってきます。

もちろんこれらは表面的な技術にすぎず、本当に兼ね役を生かしたいと思うのであれば、
キャラクターの一生やシーンの前後、内面の微細な変化を捉えて、役を生きる事ができれば、

声を変えずとも、変化は生まれてくるかもしれません。

ただ、さくっとそれができちゃうのなら(思い込みではなくプロ目線で)、
さっさとエンタメの頂点を獲りに東京にオーディションを受けに行った方が良いかなぁと思いますが。

まぁ理屈は分かってもできなかったり、やれてるつもりでできてなかったりの世界です。

でも宅録・ボイスオーバーは常に自身の声を客観的に聞く機会が多いので、
常に自分にはまだまだ伸び代があるんだという気持ちで、次はどこのポイントを伸ばせばよりバリエーションが増えるのか、そのためにどう言った練習を積めばそれが手に入るのか、

しっかりと分析しながら、でも役のソウルはしっかり手放さず、世のエンタメをみんなで盛り上げていってもらいたいなぁと思います。

ではでは。