ボイスオーバー 解説

ボイスオーバーで仕事を増やす為にできる事。

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

政治力の無いフリーランス

さて、常にアーティストとは選ばれる存在です。

ファンから、クライアントから、選ばれてナンボ。

その選ばれることを強固なものにする為に事務所は頑張ります。

お偉いさんと付き合いをしたり、力のある音響さんを良い待遇で扱ったり、

バーターを使いながら次のスターを育てたりと。

ところが1人のフリーランスのボイスオーバーアーティストを取ってみると、

別にいつお付き合いが途切れようが、エグい捨て方をしようが、
それについて騒いだところで、大した影響もありません。
もちろん多くは素晴らしいクライアント様ですが。

正式に決まるまでは油断できません

そんな中では、たとえ指名で仕事がきたとしても、

サンプルを送った結果、イメージが違うからやっぱり仕事しない、ということもあったりするわけです。

そんな中でこちらができることというのは、

「複数のボイスサンプルを送る」ということになります。

たまに仲介業者さんが複数作ったのに一つに絞って先方に確認するみたいな事をされたりしますが、意味がわかりません。

複数送ってしまって、判断して貰えばいいと思います。

それがアニメのオーディションなど、無限にサンプルが送り込まれるような状況であれば、これという一本をぶつけることは大事ですが、

競合があまりいないような状況でこちらの思う一本だけを送ってしまっては、イメージとズレがあったらその時点でおしまいです。

素材と、相手の要望からベストと思う一本、

それらから少し外れるけどより良いと思う表現を一本

グッと要望からは外れるけど、印象的な表現を一本、

本当に逃したくない案件については、3本くらいはマストで送ってあげる方がよいかと思います。

なぜなら、一本から選ぶとなると、他にもいいのができるんじゃないか、他の人がいいんじゃないかと、他の選択への想いが残ってしまうからです。

きちんと自分が絞って選んだ上でトーンを決める。
その工程をちゃんと作ってあげることが、後悔なく自分を選んでもらう為には必要なことです。

注意しないといけないことは、

いくつか録った上で、ほとんど変わらなければ、

自分の対応力と技術の弱さを見せつけてしまう結果になりますので注意です。

その為には、日々自分の表現を聞いたり、人のものを聞いたりして、細かい違いを認識できる耳を持つことと、それを再現できる繊細な読みの技術を磨くことです。

そして録る時に、何を重視して録るのかという自分の表現への言語化も大切な事になります。

中にはクライアントの要望から少し離れているものをこっちもいいねと採用してくれるケースもあったりします。

常にクライアント様の要望を超えるいいものを作るイメージで。

105%を目指すということを言っている人がいました。

120%なんて毎回でるものではないけど、期待の少し上は目指せる。

期待通りというのは結局相手の感性の範疇にあるもので、それでは感動は生まれない。

それを超えて初めて信頼が生まれてくるという話を聞き、今は確かに。と思うところもあります。

いつも誰かの100%を狙っていないですか?

それではどこにも突き抜けられません。

もちろん相手を安心させるプレイも大事にしながら、

ここぞというときは最後は自分を信じて、自分にしかできない表現に飛び込む瞬間もたくさん作っていきましょうね。

ではでは。