ボイスオーバー 解説

ボイスオーバーで自信がなくなった時にやってみるとよいこと

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収100万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

続けられるかは自信が大事

さて、ボイスオーバーを始めてみると、多少安定してお仕事をもらえるようになっても、明日には案件があるのか、来月は食えるほどに稼げるのか、常に不安との戦いです。

それは50、100万と稼げるようになったとしても、もしかしたら来月は10万円なんてことも可能性は0ではありません。

だから月初はすごく頑張って、月末にそこそこ稼げていたら、そこで少し休息を取るような流れになっています。

そんな状況の中で、長く続けていくには、ある程度の自信というものが必要です。

世にある仕事の中でボイスオーバーというのは、生きている中で意外と適性がついてくるような事が多いスキルの一つです。

マックジョブといわれるようなものほど手軽ではないのですが、

ライターのように書く事が好きで気づいたら文才あったとかがあると思いますが、

しゃべりについても、文章よりも使う頻度も多いでしょうし、生まれながらに個性はついています。

常にハキハキとしゃべっていたり、大声を小さい頃から出す環境や性格だったり、感情を乗せて話すのが得意な子だったり、いろんな形でしゃべりの適正はついてきます。

悲しいかな2年間学校で学んできた人よりも、これから入学してくる子の方が基礎力があるなんて事はままある業界です。

ただ基礎力がある順に売れていくわけでも無いのがこの業界の難しいところですが。

そんな中で、試しに飛び込んでもらうには非常に可能性のある業界ですが、

ただ自信が無いと続けられないとも思います。

始めるハードルが低いだけに、少し仕事がなかったり、中々提案が通らなかったりした時に、やっぱ向いていないんだ、やめよう。となりやすかったりもするでしょう。

そんな時に、自信を失わないために大切な事をお伝えします。

音圧を上げる事

そう、音圧を上げる事で、自信が取り戻せるかもしれません。

つまり、自分の声、しゃべりを聞く時には、常に高い音量の中で聞いてもらう事が大事という事です。

音声収録ソフトを使って聴くもよし、再生ソフトのツマミをあげるもよし、

とにかく音量を上げて聴くのです。

というのも、よく芝居の稽古などでも声を出せと言われます。

腹から声を出して、共鳴を使って、響く太い声を作る。

かの蜷川幸雄さんも、「声の大きさは欲望の大きさ」と言いました。

脚本の中で全てのキャラクターに通じる、

何かを成し遂げようとするドラマチックな役どころを演じるには、大きな声が必要なのだという事です。

芝居にしろナレーションにしろ、そこにいるのは須く、

一般人ではなく、人に影響を与える者。

世界を変えるためには大きな声で叫ばなければ。

それは声だけでなく、振る舞いからなにから、サイズを大きくしていく事が大事、ということでもあるでしょう。

アニメ収録などにおいても、収録してマスタリングする中で、役者の音圧を揃えながら上げて完成まで持って行きます。

その中で、プロ声優の中でも、声の音圧がとても小さい人は、違和感の無いようギリギリまで調整しないといけなくて音響さんからは不評なんていう話も聞きます。

要するにそれくらい音圧というのは大事という事で、それを自分で聴く時には小さな音で確認するのではなく、

音を上げて迫力も上げながら聴いてあげると、自分が思うよりも良く聞こえる、という事です。

まぁ音量の上げ下げで本質は変わったりはしません。

ですが、自分に自信が持てなくなってくると、読みにもどんどん迷いが出てきて、正解を探して小さくまとまってしまい、粗探しばかりに注視し、誰にも響かない表現になってきてしまいます。

逆に、自信が持てるような形でなんども聴いていると、よりダイナミクスのある表現をしようと思ったり、自分の個性を愛せたり、自信からくる色気やオーラが音色にも乗ってきます。

無理やりポジティブにすることはあまり健康によくなさそうですが、

音圧を変えるだけで気分が乗ってくるなら、やってみる価値はありそうですよね?

その他、音量をあげる事で、今まで気づけなかった細かい表現も聴けて、ブラッシュアップにも繋げられるかもしれません。

無いよりはあった方がいい自信。

何が自信を失わせて、どうすれば自信を持てるか。

しっかりと日々の行動を見つめながら行動してみると、どんどん良いスパイラルの中で自己肯定感も出てきます。

中々ポジティブになろう、と思うだけでポジティブになれるものでもありません。

少しずつ環境を研究して、良いルーティーンを作っていきましょうね。

ではでは。