演技・技術関連

【声優レッスン本レビュー】『発声と身体のレッスン』鴻上尚史

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

さて今回は技術論が書かれたレッスン本のレビューです。

先人の教えが学べる本は大事ですが、若い頃は特に金がない。

新品で何千円する本で失敗はできない。

という事で、当ブログで声の仕事に関わる本をレビューして、本当に買うべきかどうか吟味する手助けになればと思います。

の第二弾

発声と身体のレッスン 著:鴻上尚史

さて、言わずと知れた演劇人のバイブル。

演劇における基礎練習の決定版です。

プロフィール

著者は鴻上尚史さん、早稲田法学部卒。在学中に劇団「第三舞台」を旗揚げ。

岸田國士戯曲賞も受賞。

日本劇作家協会会長、日本劇団協議会・日本演出者協会理事など演劇界において重役を担いながら、

現在も虚構の劇団などで脚本、演出を手掛ける。

小劇団界を引っ張ってきた演劇界の大家です。

自分の年代ではその黄金期を語れるわけではないので、軽い紹介と本の内容のレビューにとどめておきます。

ですが、声の仕事につきたいと思い、学校に行くにしろ事務所に行くにしろ、俳優にしろ声優にしろ、

芝居に関わるならば、先生先輩方は確実に知っていて、大体目を通してきていると思いますので、

一度は映像などでも鴻上さんの関わる舞台、作品を見ておくことをお勧めします。

「こえ」のレッスン

この本については、具体的な演技や役作りの話は載っていません。

主に魅力的な声と身体を作るためのレッスン本となっています。

具体的に行う声や身体についてのレッスンが網羅されています。

ちゃんと段階を追ってやっていけば道を外れないように解説でサポートしてくれています。

発声に関する本の中には、とにかく練習する方法と流れだけを列挙したようなものもありますが、

この本については、そもそも正しい声というのはどういうものか、何のためにそれが必要なのか、といった、根源的なところにしっかりと触れてくれています。

何となくいい声で・・歌が上手くなれたら・・というようなぼんやりとした目的ではなく、

それぞれの正しい声をしっかりと深掘りして行くことで、レッスンの目的やモチベーションが明確になっていきます。

わかりやすく、発声の上で必要な事を明記してくれて、陥りやすい失敗にもちゃんと言及してくれています。

具体的なレッスンと共に、しっかり身体の構造などの本質的な理解もサポートしてくれています。

そして出てくるであろう疑問もピックアップしながらそれに応えてくれる。

長年演劇に関わり、数多の俳優を見て、レッスンを積み重ねてきた中での、

明確で噛み砕いた答えと細かいサポート。

正直そこらの声優学校の教科書よりもはるかに丁寧です。
(まぁ授業で使う事を目的としているかという前提が違うのでしょうがないですが)

初版は2002年、私は2012年から発売の増補新版というやつを持っていますが、

鴻上さんも本の中で必要最低限と書いてありますが、

現在でも全く古くなっていない、どこを取っても必要十分な基礎練習本と思えます。

「からだ」のレッスン

こちらの項目も、正しい体とは、という定義から始まり、

簡単な観察から始まり、リラックスし、無駄な緊張の無い体づくりへ進んでいきます。

からだは声の仕事には関係ないかなと思いきや、

えぐいくらい関係があります。

良い発声の為には上手く全身の力を抜きながら、腹では声を支える必要があります。

一見バラバラの力の入れ方を上手く扱える為には、からだを十分にコントロールできるようにすることが早いですし、

声の芝居においても、身体の動きは明確に声に伝わります。

無駄な力が入っていたり、芯がなかったり、身体のイメージが曖昧だったりすると、

ふんわりとした刺さらない表現として伝わってしまいます。

体と声は明確に連動している。そこを感じながらのトレーニングが必要です。

その他

十分に本の内容が身につけば、その他大家鴻上さんお勧めの優れた表現の為の本を紹介なさっています。

そして増補版では、初版を発売してから本を読んでいる人から届いた疑問について解説しています。

なんて完璧な補完なのでしょうか。

まとめ

という事で、演劇本というのはともすると、イメージ中心の難解な話になっていき、ねむぅ・・となってしまうこともあるのですが、

本当に鴻上さんは人に噛み砕いて本質を説明するのが秀逸で、

なんとなくやらされて「コレ何でやるの?」と思ってしまうトレーニングもある中、
狙いと疑問点をしっかりとされているので、確信を持ってトレーニングができます。

まだレッスン本など無くて1冊目どうしよう、思っている方は、
是非鴻上さんの本から入れば本当に間違いないと断言できます。

経験者はいないけど演劇やボイスドラマを練習も交えてやってみようというような方達も、これ一冊があれば基礎練習は十分にできるようになります。

対面でのレッスンを考えている人も、鴻上さんの本はしっかりと読み込んで実践した上で、どうしても掴めないところなどのアドバイスをもらうなどしてみると、基礎習得のスピードは劇的に上がると思います。

日本の演劇を支える鴻上尚史さんのエッセンスが詰まった基礎習得本、

まだ読んだことのない人は是非ゲットして見てください。

ではでは。