ボイスオーバー 解説

【クライアントも】依頼する側を経験してわかった事【大変だ】

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

さて、先日ボイスオーバーには仲介もありますよと言うお話をしました。

それを実際に自分が経験することになりましたので、その経験から感じたことをあげてみたいなと思います。

ドキドキ初クライアント

ボイスオーバーをやっていると、男女声が必要な案件では、知り合いで女性声優はいない?

と声をかけられる事が多いです。

が、そういった紹介制度を利用したがるのは大抵、まぁまぁ低単価案件。

つまり「同じくらいの価格であなたくらいのクオリティの人使いたいんだけど。」というか本音が透けて見えます。

フリーランスでも、〜連盟、〜ユニオンみたいなチームで活動してれば、紹介先も案件を渡すメリットもはっきりしているので紹介する気になるそうですが、

そこは一匹羊の私。紹介手数料も残らないタダ働きなんてする余裕はありません。

が、今回、最低限以上の報酬を出してくれるクライアントから「女性ボイスオーバーを探して欲しいんですが」とのメッセージ。

仲介手数料が残るといっても微々たるもんで、自分で稼ぐ方がはるかに早いのですが、
私は「ひろ研究所所長」(忘れてた)、仲介についての記事も書くくらいですから、自らも経験してみようではないかと重い腰をあげ、仲介を引き受けました。

エントリー募集

納期も大分短そうなので、今回はクラウドワークのプラットフォームを使い条件可能な人に絞って募集をかけることに。

ランサーズとクラウドワークス。
仕様的に言うとやっぱりクラウドワークスの方がクライアントよりの仕様のように感じます。
逆にランサーズはフリーランサーのランサーがかかってるように、ランサーよりの仕様な気が。

まぁランサーズはその分より個人のスキルなどが充実している人が集まるかもしれないし、どちらが優れていると言うことでも無さそうですが。

両方またいで募集をかけるクライアント様もちょくちょく見かけますが、初めての依頼ということで、今回はクラウドワークスに絞ってみることに。

条件としては、ざっくりと女声ボイスオーバー、1文字2円、納期は1〜2日(早い方がいい)と言うような条件。トーンはしっかりしてせず、元気と抑揚が出せると良い。と言う感じ。

相場として文字単価はまぁ特別低くもなく高くもなく、納期はちょい厳しめといったところ。

こんな感じで提出してみました。

すでに仲介を受注しているので、ドキドキしながら待っていましたが、
数時間である程度のエントリーが届きました。

たまに応募者0とかの案件などもみていたので余計にビビっていましたが、
まぁそう言う案件はよっぽどのものということですよね。

気づき

と言うことで、クライアント側に回った上での気づきです。

ボイスサンプルが9割

まぁこれは自分が経験者という事が大きいのかもしれませんが、

結局のところ決めてはボイスサンプルの音声となりました。

別に長く付き合うかどうかもわからない、結局今回の案件にフィットするかどうかが大事なのだから、最初に選ぶのは実技が9割なんだよなぁというのは理屈ではわかっていても実感として得られたのは発見だったかなと思います。

受注率アップの為の提案文のこだわり方とか、良く見せる為の方法とか目にしますが、
ボイスオーバーの場合は、ボイスサンプルがイマイチなら一発で弾かれます。

ボイスサンプルが自分が与えるバリューのほとんど全てを表しているんだということをしっかり意識しないといけないですね。

経歴や効果的な提案文はその補助。コミュニケーションや対応などは普通レベル以上があれば、あとはリピートするかどうかへのPRにしかなりません。

経歴も大概はボイスサンプルが全てを語っていて、何も経歴がない人はほぼ素人の読みとノイズだし、へーすごいね、という経歴だと、ボイスサンプルのクオリティや見せ方もこだわっています。

さらに逆を言えば、エンタメ業界でしっかり人に認められていく人というのは、見え方がしっかり俯瞰でみれて、表現を深く洞察して工夫して表現していく能力のある人なんだなぁとも思います。

感性が先か見せ方が先か。まぁ両方が連動して深まっていくのでしょうね。

ちゃんとバリューを出せばエントリーは集まる

初クライアントでドキドキしたこととして、「人が来るかな」と同時に、「まともな人が来るかな」というのもありました。

まともというとあれですけど、自分が感じる最低限の技術と収録機材を持っている人ということです。

数時間でそこそこの人数が集まりましたが、完全にこの人!というほどずば抜けた感じはなかったので、

まず頼めるか、頼めないか、という分け方。頼めないはつまり問題外ということでもありますが、

その比率は半々くらい。

まぁ頼める。の群から最終的に一人選びました。

この時に面白い経歴やすごい経験、技能があると、最後のひと押しになることはある。という感触です。

募集しておいてどんな言い草だと思うかもしれませんが、

普段は逆の立場であり、常に選ばれる側。一番シビアな見方をした上での感覚を手にして行動すべきかなとも思います。

続く

ということで色々感じてきましたクライアント側。

クライアントサイドやプレイヤーサイドの気づきまだまだありますので、

また次回へ。

事務所でもたまにプレイイングマネージャーとかもいらっしゃいますが、(古川登志夫さんもそうだったというお話を伺った事があります)なかなか事務所の規模が大きくなってくると、きっちりマネージメントとプレイヤーが分かれ、依頼する側の気持ちは推し量るしかない事が多いです。

そんなクライアント側にもふとなり得るボイスオーバーの世界。

より歯車の一部ではなく、大きく関わる事ができるのも大きな魅力ですので、

興味のある方はどんどん参入してみてほしいなと思います。

ではでは。