ボイスオーバー 解説

ボイスオーバーの報酬交渉ってどうすればいいの?

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

さてさて、今回はボイスオーバーにおける報酬交渉というお話をしていきたいと思います。

報酬においてのピンキリのキリを攻められるのがボイスオーバーです。

キリキリ案件にはナメンナヨと思いますが、逆に超初心者にも間口が開いているという意味でもあり、こういう環境から文化の裾野は広がってもいくのかもしれないなと大人な受け取り方もしながら眺めています。

そんな中で、報酬を増やしていく為の策として、最初から高報酬を狙うというのもありますが、報酬アップ交渉をするという事もあげられます。

事務所にいては、よっぽど売れていなければ交渉などできません。逆に低単価案件は関われば関わるほど経営が苦しくなっていくので、若手は月に幾度かあるチャンスに全神経を集中させ次に繋げるという心臓に悪い流れが形成されていきます。

自身が適正だと思う価格を交渉することができる。これもボイスオーバーの魅力ですよね。

ではどういった形で交渉するのが良いのか、ポイントをお伝えしていきましょう。

交渉ポイント

1.時間を売る

ボイスオーバーの強みは即効力であり、声優のスケジュール抑えてスタジオ抑えてとかを端折って、

頼まれて1時間後には提出、なんて事も可能です。

そんな中で、一つのバリューは納期時間。

1日で提出するからいくら〜というのは一つのバリューです。時間を売るという事。

2.付加価値を売る

基本は読みの料金となってしまいますが、翻訳もする、ファイルを分割する、ノイズを処理する、リテイクにも対応する。その為の報酬を交渉するという事も可能です。

海外案件では特に、権利関係がしっかりと制定されていたりするので、コマーシャルライツや放映権などの報酬も払ってくれたりします。

3.仲介を売る

男女必要な案件などで、異性アーティストも紹介して自身でまとめて提出する事で、仲介料をもらったり足したりして報酬を増やしていく

などがあげられるかと思います。

ただ、結局は忙しくなることが交渉上手になる秘訣

ポイントをあげてきましたが、そもそも案件として明確な予算が決まっている事も多く、たとえ自身の技術が重宝されていたとしても、こちら主導の交渉はうまくいかない事も多いです。

さらに、仕事があまり無い状況では交渉してもう仕事回ってこなかったらどうしようと思うと中々踏み込んだ交渉もできません。

ただいくら仕事をくれるのがありがたかったとしても、低単価に縛られていてはうまく稼げないのも事実。その時間単価だったらもっと営業して違う仕事を引っ張ってきた方がマシ、のラインをよく見極めていく事。

そして、しっかり仕事が回ってきて忙しくなってくれば、純粋に時間的余裕が無い為、
低単価の案件を続けるかどうか、こちらが選択権を強く持てるようになり、
交渉しても報酬が上がらないのであれば、受注しない、という事ができるようになってきます。

そして強気の交渉をしてみると、意外にまだかけれる予算があったのね、という事になってきます。

交渉が苦手という人は、交渉せざるを得ない環境へ自身を持っていくということをぜひ考えてみてください。

まとめ

ということで報酬交渉についてでした。

もちろん相手の事も考えた交渉や対応ということは大事です。

それを欠いてしまうと自身の低評価に繋がったりするし、人の縁から紹介される良い案件というのは存在するからです。

他にもいずれ事業が多くなっていって大きな案件になっていく事もあったりします。

逆にそうならないものも多いので、ただ受注しまくるだけじゃなく、クライアント様の事業の将来性や今後の広がりなどもしっかり見極めながら付き合っていくという強かさも、全てを自身でケアしていくボイスオーバーとしては重要なポイントです。

ただ、この交渉がうまく決まっていくと、どんどん時間単価が上がり、営業をしたり仕事を受けるキャパシティも広くなっていき、上昇のスパイラルに入れると思うので、

ポイントも意識しながら、環境も追い込んで、お互いを思う交渉を進めてみてはいかがでしょうか。

ではでは