ボイスオーバー 解説

とはいえ飛び込むには確信がいる

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

確信を持って飛び込めるか

常日頃、声の仕事に興味ある人はボイスオーバー良いでっせ〜と行ってはばからない私ですが、

最近はSNSでボイスオーバー増えたなーとか言っている人もいます。

ですが、最近の副業といえばの動画編集やせどり、ブログなどといったもののようなムーブメントには中々ならないんだなーと思っています。

まぁなられても困る気持ちもあるのですが、業界が盛り上がれば産業も広がって単価は上がるとなるのであれば、盛り上がってもいいかなぁとも思ったり。

参入が多くないポイントとして、プロがいるじゃんと言うのは、編集にも制作会社のディレクター達というプロがいるし、せどりなんてーのはコンビニからスーパー、ショッピングモールまで、全ての小売と競い合う剛の者でしょうと。

そう考えると、他のメジャー副業に比べて何が足りないのかといえば、気軽さということなんでしょうか。

動画編集はよく見ているyoutube動画を作ればいいということで、最新の動画ツールがかなりの技術を補助してくれて、一定のスキルを勉強して、youtube動画をトレースすれば一定のものができるし、

せどりにしても基本的にはメルカリで売ったことがあれば、あとは世に数多あるメソッドをしっかり実行できれば少しずつ稼げるという即金性があってと。

つまりは声でお金を稼ぐ、ということに対してリアリティがちょっと湧かない、とかいうことなのかなーと思ったりします。

やっぱり未知の世界に飛び込むためには、何かしらのレール、確信というものが必要なんだろうなーということ。

自分自身、ここまで稼げるとは思ってはいませんでしたが、声優の端くれとして事務所でマネージャーと仲良くしながら仕事をもらおうとして、やっと月1〜2本だった頃から、

これだけ日本国内に企業があって、各社の企業ビデオやCMもあってリーディングブックやらCDドラマやらが溢れているのに、若手とはいえこんなに仕事回ってこないっておかしくない?という思いなどもあって、

ボイスオーバーを始める時には、上記の理由から、逆にフリーランスでも頑張れば細々とでも仕事が回ってくるに違いない、という確信のもと、設備投資ができて今に至ります。

そうやってやっている中で、逆に声優事務所の若手に仕事が回っていかない理由なんかもわかってきたりもしたのですが。

だから、何かを始めたいと思った時には、やっぱり思い切ってしたい方向性である程度稼げていそうな人に話を聞いてみる、直接会ってみて仕事へのリアリティを持つ、ということは、なんだかよくわからないレッスンに行ってみたりすることよりも、よっぽどモチベーションややっていくことの確信を高めるための効果としてはいいんじゃないかなぁと思った次第です。

まぁ安全なことばかりじゃないですから、自衛も意識しながらも、SNS時代だからこそ、色んな障壁を飛び越えてメンターと出会える時代、活用しない手はないのではないでしょうかね。

始めてみても中々継続できない、ということについても、この確信の有無が効いてくると思うのです。

ではでは。