ボイスオーバー 解説

ボイスオーバーで稼いで行くために必要な繋がり

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

安定して稼いで行くために

フリーランスは決まった月収ではなく、やった仕事に応じて報酬をもらっていくお仕事です。

やった分だけ報酬になる楽しさはありますが、仕事がこなければまったく稼げないという怖さもあります。

特にボイスオーバーおいては、ライターなどのようにむちゃくちゃたくさんの仕事があるわけではありません。

先にライティングがあった先に、それをコンテンツ化するか、音声を使うか否か、いろんな振り分けの先に依頼があるわけですから、必然的に仕事の取り合いとなってしまいます。

そんな中で、たくさんの案件を得るために大事な事についてお伝えしてきます。

紹介でつながる案件

まだまだ過渡期であるボイスオーバー業界。

ガチガチのプロの頼むと青天井にギャラが高くなるけど、

安く仕上げようと思うと有象無象が多すぎる。

登録サイトなど、一定の審査が入っていそうなものでも、宅録関連は読みも音質も結構クオリティの差があります。

そんな中ではやはり信頼できて一定のクオリティがあり、予算内で受注してくれて、レスポンスの早いクリエイターは常に探されています。

日本の案件でも、紹介からつながった案件もたくさんありますし、

特に大事だなと思ったのが海外案件。

日本では日本語もわかるし、ある程度ヘタかウマかの基準も持ち合わせているでしょうが、
海外からしてみると、なんとなくのリズム、音の整い方などで判断するしかありません。

私も音声に携わった経験は長いですが、英語のナレーションなんて技術の差はわからず、アメリカかイギリスかなどアクセントの違いすらもわかりません。ゆいいつ、聞きやすいかどうかくらいでしょうか。

だからこそ、海外の日本語案件を持っている人たちも、横のつながりなどから、優秀なボイスオーバータレントの紹介などは行われているようです。

一時期からドカっと海外案件の相談が増え、中にはお初の人なのに自分の音声のデータを持っている人などもいました。

そして一定のクオリティの担保を持ちながら相談してくれる人たちは、最低限の報酬で使い倒そうなどという感じではなく、しっかり予算の中でお互いwin-winになる価格を提示してくれたりします。

その為に必要なものは

やはりそれを引き出していく為に必要なものは。

ひとつには目に見える形での実績というのも大事な事です。
例えばfiverrみたいなスキルマーケットなどで、しっかりとたくさんの評価をいただけていたら、投げ出さない、価格に見合ったもの、という確証を得られる一つのポイントです。

あとは音質というのも大きなポイントのようです。

グローバルな翻訳業務の会社などは、わざわざ日本のスタジオでプロナレーターをなどというレスポンスの悪いやり方で依頼はしないので、宅録中心になるのですが、

ただ大手企業の依頼などもあったりするので、高音質のナレーターというだけでも、ひっかかりやすくなります。ノイズや音質は他言語でも確認できますしね。

あとはもう基本的な業務のクオリティとなります。

仕事は早いのか、コミュニケーションは円滑化、しっかり意図を組んだ仕事ができるか、音声以外の相談にも乗ってくれるのか、その音声を使ったコンテンツが受けるかどうか。

まぁ完成品のウケはこちらにはどうしようもありませんが、一定以上のクオリティであるということはちゃんと伝わっていきます。

まとめ

ということで、一つ一つを良いクオリティを保ちながらスピーディーに対応していければ、

自ずと案件であふれるようになっていき、そこから各所で交渉していきながら、理想の時間単価と自身の余暇も獲得しながら、安定して気楽なフリーランス生活が送っていけるようになります。

時間をかけるすぎるのもまた総合的なクオリティの低下になりますので、一球入魂、この人から横にどんどん繋がっていくよう祈りながら、音声を収録していくようにしましょうね。

ではでは。