ボイスオーバー 解説

危機がわかるようになってきた。これも成長。

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収100万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

スピード勝負の中で

さて、ボイスオーバーを専業でやっていくと、

ある程度薄利多売の状態で進めていくにあたっては、スピードが非常に重要になってきます。

そんな中にあると、大量にあるタスクの中から、効率よく終えられるようルートを決めてサクサク録って納品を繰り返していきます。

そしてそんな中には、継続案件などの相手だったりすると、時差の関係でプラットフォーム上の手続きが遅くなってしまう場合があるのですが、手続きを終える前に録っておいて手続きが終われば納品する、なんてこともしたりします。

まぁ本来は危険な行為でもあるのですが、自己責任の中で失われるのは自分のかけた時間というだけなので、そういったことをすることもあります。

そして先日もそういった感じで早めに録っておこうかなと思ったのですが、

クライアントと内容から、収録直前に、「・・これは後回しにしようかな」と直感で収録をせずに置いておくと、その後エンドクライアント都合でキャンセルとのこと、無事動き損を回避できました。

その他youtubeチャンネルの先行きや、少額で使い倒そうとしてくる人、詐欺まがいの依頼などなど、

色々と回避すべき状況を嗅ぎ分けられるようになってきた今日この頃。

こういった危機回避の能力も、引き受けた先で色々とトラブルがあればもっと莫大な時間が取られてしまうこともあり得るので、フリーランスで生き抜く上では誰の責任にもできない、重要なスキルかなぁと思っています。

それもある程度わかりやすい人もいれば、

詳しく話を聞いてみると、実際に受けてみるとイマイチだった、みたいな細かい事象は人の数ほどあると思います。

そこは本当にある程度やっていく中で自分の基準をきっちり持ちながら相手の挙動に敏感な、繊細さを良い方向へ利用できている例なのかもなーと思うと、自己肯定感が1ポイント上昇しました。

スピード勝負ではあるけれど、急ぐほどに判断力は低下して行ってしまいます。

直感的な危機意識も大事にしつつ、今日一日の動きや案件を引き受けるかどうかなど、じっくり考える時間というのもきっちりととることで、回り回って時間を大切にできることも多いのがフリーランスかなぁという学びがありました。

受け身で流されることが多い世の中、じっくりと集中する時間もとって、瞑想も大事かもしれませんね。

ではでは。