ボイスオーバー 解説

報酬は高額に設定しないと安売りになる?

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

価格のセッティング

ボイスオーバーをやっていく上で、自身の価格を設定する(プライシングとも言います)というのは、中々難しい事です。

スタジオでバリバリとやって誰もが知る、というような声優・ナレーターでもない限り、高額の設定をしたとしても、声は中々かかることがありません。

明確に価格を設定しないといけないのは、主にココナラなどのスキル販売サイトなどが主です。

そういうところで、プロ経験あるんで!と大胆な価格設定にして購入数は1桁とうようなアララ感のあるサービスもあったりします。

もちろん、それくらいじゃないと受けないし、他でしっかり稼いでいるからこっちで稼ぐ必要は無いし!とかだったらもちろん構いません。

が、そうでない場合は、(というか大体はそうで無い人がそういったサイトで活動するわけですが)

相場感と全く合っていないことからそういったことが起こります。

固定する必要はあるのか

ただ昔から安売りは良く無いよ、そこから先安くしか使ってくれなくなるから、といったような話も業界ではよく聞かれました。

もちろんブランドというのはハイクオリティと希少性から成り立つという事もわかるわけですが、

ボイスオーバーの現場においては、あまり固定しななくても良いんじゃないかなぁというのが幅広くやってきた今の自分の考えです。

現在はサイトやAIなども普及してきている中で、

例えばホテルの一室の価格などは、現在の空室状況や繁忙期、閑散期などいろんな状況を踏まえながら、

刻々と価格が変更されています。

これを『ダイナミックプライシング』といったりしますが、

ボイスオーバーの機動性としてはどちらかというとこちらの考えでいいんじゃないかなーと思います。

全く予定もなく案件もない状況であれば、相場くらいか、なんならそれより少し下げておいて、

予定が上がってきたら価格も上げたり、短納期分にしっかりオプション料金をあげたりしながら、

自分の予定という部屋を満室にしながら、徐々にVIP席の数を増やしていく、というような形。

もちろん継続ありきで付き合いあるクライアント様がいるのに急にあげすぎちゃったら困ってしまうかもしれませんが、そこだけ、固定の見積もりを出すなど、どうとでもできたりします。

とはいえ、自分はちょくちょくと価格などを変えたりしてたのですが、

それが原因かどうかわかりませんが、オススメとかのランキングはちょっと落ちたりしていたので、

プラットフォームのアルゴリズム的なところとは相談が必要かもしれません。

ただ言いたいのは、安い案件もやったからって高い案件が取れなかったということは現場無かったということです。

高い案件欲しかったら安い案件受けるな、という人は、その人がたまたま高い案件だけでなんとか行ったラッキーな人なんじゃない、くらいの感じで受け止めていいんじゃないかなーと思います。

正解は稼ぎたいと思ったくらい稼げて幸せな人が正解です。

そして自分の市場価格も調整しながらビタっとくるところが見つかったりもするものです。

そんな中アニメ業界は昭和末期に設定されたランク制なる化石のようなシステムを現在も使用し、ギャラもほぼ変わらず一部のベテランが幅を利かせる、日本の縮図のような激ヤバ状況。

ただそこには「夢」がありますから、大きく変わることは難しいでしょうね。

まとめ

最高の報酬をもらう自分になるというハイクオリティを見据えた向上心はもちろん必要ですが、

その為にはモチベーションと時間が必要です。

一流になる為に声と関係ないバイトに明け暮れるんじゃ本末転倒。
しかも人間はそっちに流れていってしまうもの。

わけぇ頃は1日一食で風呂なしアパートでバイトせずに声だけで生きてくんダァ!って死に物狂いで頑張ったんだよオレァ・・

とかいうおじいちゃんの昔話はさておき、状況も価値観も変わっていきます。

少し上の先輩ですら、違う時代の人。全部を鵜呑みにして順番待ちしても、新しい人にひとっとびされてしまします。それは考え方も、感性も。

どんな教えも心酔せず、ひとつの考え方だなーと距離を取るのが正しい受け止め方です。

今のベストなやり方は自分で見つけなくてはいけません。

今自分は何が必要で、自身の価格をどこに設定するのか、

これもトライ&エラー、どんどん試していきましょう。

ではでは。