ボイスオーバー 解説

英語と声優・ボイスオーバー

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

ボイスオーバーとは?【結論:声のお仕事の事】 こんにちわ、ひろです。 現在宅録で声の仕事を専業にしています。 ボイスオーバーボイスオーバーというけどそれなんなん?と...
副業にオススメ!「ボイスオーバー」【月収50万を稼いでみた経験から】 現在宅録で声の仕事を専業にしています。 副業から初めて専業になり、それから1年弱。 良い時には月収で50万円を稼げるよ...

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

さて、今回は少し趣向を変えて英語と私と題して記事を書いてみたいと思います。

ボイスオーバーと英語

ボイスオーバー解説の初期から、さんざっぱらボイスオーバーとのシナジー(影響を与え合うこと)が強いものとして、英語を上げてきました。

これは純粋に、世界市場へアプローチができることがボイスオーバーの強みであることをヒシヒシと感じたからこそお伝えしたのである。

コミュニケーションを取って日本語案件を獲得することももちろん、

日本での案件の中にも、英語と日本語が両方できる人募集、なんてものもあります。

ちなみに声優業界の中ではどうかと言うと、講師時代に学生の中で良さげな発音(ネイティブレベルか判断できる力もない)で喋れる子もいたり。

とは言え1割いないくらいなので、日本の英語教育もやはりまだまだですね。

でもまぁ日本は客観的にみて外国語の壁が高いよなぁとも思ったり。
英語にカタカナが対応しちゃうこと、第2言語としても市中で出会う確率が低い、学校の閉鎖村社会の少数派いじり。
時代とともにできない方がヤバいの方へ向かってると思いたいですが・・現在の中高はどうでしょうね。
まぁやっぱり思春期真っ只中で変わったことしたくないMAXの時期に本格的に英語勉強、発音に注入するのがどう考えてもヤバいですよね。英語トラウマを抱えた人はたくさんいるんじゃないでしょうか。

話が逸れてしまいましたが、英語ができる学生について、
個人的にはすごいなーと、少なからず強みになるよーと伝えてはいるのですが、

こと事務所オーディションについては、さして大きく取り上げられないのが印象的でした。

「へー喋れるんだねー」くらいのリアクションで、そんな事より実力あんの?と言う感じ。

数の多くない英語案件にはすでに対応できるくらい事務所に喋れる人がいるのか、純粋にめったに来ないのか、大きなアドバンテージになっているのを見たことはありませんでした。

なので声優を一番に目指す方々は、英語はマイナスにはならないけど超プラスにもならない事が多いので、安心して魅力と声優技術を高めるのに専念して大丈夫だと思います笑

まぁ事務所の養成所のレッスンで英語で練習するところもあると聞きますし(喋れない人もなんとかやってますが)、

バイリンガル設定のキャラクターを声優さんが演じていて、突貫工事でそれっぽくしゃべってるなぁとかはあるので、学ぶ機会があれば是非学んだ方がいいと言うのは当然そうだと思いますが。
逆に言うとそんな役所でさえも、完全なバイリンガルよりも、人気と日本語の実力で選ばれるのだから、なんともはやですが・・・

英語と私

さて、そんな自分の英語力はと言うと、一言で言うと「雑魚」です。笑

一応進学校らしき高校へは行かせてもらいましたが、オンラインゲーム漬けの毎日で順調に成績は落ちていっていました。

スピーキングは完全にカタカナですし、自分で文章を作れない。文章も少し複雑になると途端にわからなくなります。

upworkと言う海外のクラウドワーキングサイトにはなんと英語の面接という課題があったのですが、よくわからず途中まで登録を済まちゃっていたので途中でやめることもできず、冷や汗をかきながら面談へ参加しました。

基本相手が何を言っているのかよくわかりませんが、skillやexperienceなどの単語から類推しながら、「voice over artist!」「14years!」などと単語のみの会話で乗り切った結果、なんとかパスできました。相手の女性はなんだか半笑いだったような気がします。

こんな経験なども経て、英語圏案件も少しづつ増えるにつれ、英語力の大事さを痛感している次第です。

私と英語修行

じゃぁ自分がそれを受けてどうしたかという事なのですが。

金銭的な余裕があるわけでもなく、

今年度は機材の購入なども多かったので、経費がかかり過ぎても損だし、

ノー勉強で行くのも、自分の性格上うまくいかなすぎてくよくよするのも目に見えているし、

できる自主勉強はしてからお金をかけよう!

という事になりました。

実際英語が必要な場面が多いという身に迫った状況から、少しづつできる範囲での勉強はできるようになりました。

基礎文法の本を借りてきて読み直したり、英語関連のアプリを使って勉強したり、昔使っていた単語帳を引っ張り出してみたり、動画を英語と英語字幕を使って観てみたりしました。

その結果、少しずつ英単語が定着してきたり、聞き取りができる箇所も増えてきたり、簡単な文なら理解できるようになってきました。

何事も必要性が大事だよなーという事を痛感する一方で、

やはりアウトプットは圧倒的に欠けているという事も感じました。

中でも、発音についてはやはり手探りで、映画のセリフをシャドーイングしてみたり、フォニックスやyoutubeでの発音解説などの動画を見ても、イマイチちゃんとできてるかという確信が持てません。

声優として、やってるつもりの恐ろしさは身にしみていますので。

プロの力を借りよう

という事で、さすがにプロの力を借りよう!という段階に気持ちが辿り着きました。

このまま自主勉強のみを続けていても、自信を持って扱えるようにはならないと思ったので。

色々理由を挙げてアウトプットを避けていますが、まぁ一番は恥をかきたくなかったからなのでしょう。

そしてせっかくブログという発信作業も始めたので、

一定の成果を出したボイスオーバーの解説、というところと並行して、

これから成果が出るかどうか、自分のダメさも披露しつつ七転八倒英語学習の記録もつけてみようかなと思います。

誰かの為も大事ですが、自分の為もないと続かないですしね。

ボイスオーバーでの活用という観点も忘れずに、各英会話レッスンのレビューなども交えながら、

このくらい頑張れましたよーというのを報告する事を最後の尻叩きとして頑張ってみたいと思います。

先の理由から、本格的なスタートは来年頭からかなぁと思っていますが、それまでは色々体験してみながらレビューしてみれたら丁度いいかなぁと思っています。

何かを成し遂げようと思ったら、公の宣言が効果的と言われていますので、その実証のためにも。

今後は、ボイスオーバー解説はもちろん基本としながらも、私の英語奮闘記も交えながらやっていきたいと思います。

途絶えたら途中で大きく挫折したと思っていただければ汗

英語を学びたいけど一歩踏み出せないという人、
発音を意識した英語レッスンに興味のある方、
声のお仕事に興味がある方へ向けて、参考になる事多かれ!と願って進めてみます。

ではでは。