ボイスオーバー 解説

【押さえておくべき「わかりにくい読み方」まとめ】『声優・ナレーター・アナウンサー・ボイスオーバー必携』

改めて出てくると、あれ?なんて読むんだっけ?というような読み方のまとめです。

調べることはできるけど、しっかり頭に入れておくことが効率化のコツ。

あ、そうだったんだ、と思ったものは要注意。確認しておきましょう。

どんどん増やしていきたいと思いますので、少しずつ覚えていきましょう。

読み方は一つだけではない、という言葉もたくさん出てきます。
メディアや相手、キャラクターによっても使い方は変わってきますので、
「正しさを知る」だけではなく、「現代の使われ方」も含めて知ることが幅広く対応できる読みに繋がります。

いくつかある読み

世論 NHKは「よろん」 その他は「よろん・せろん」両方有

早急 NHKは「さっきゅう」 ただ「そうきゅう」の方が大衆的

一段落 NHKは「いちだんらく」。「ひとだんらく」の方が大衆的

あり得る 「ありうる」が正解 「ありえる」も大衆化が進んでいる

雰囲気 「ふんいき」が正 「ふいんき」も若い世代を中心に増えて生きている

重複 NHKは「ちょうふく」 「じゅうふく」も認められつつある

「存」関係

依存 いぞん・いそん 両方可 いぞん推奨

既存 きそん・きぞん 両方可 同等