ボイスオーバー 解説

【多用】ボイスオーバーの禁断の報酬交渉術【厳禁】

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

フリーランスの仕事は報酬を巡る闘い

ということで、報酬についてのお話になりますが、

本当にフリーランスというのは、ここの部分が重くのしかかってきます。

雇われている、事務所がある場合は、

事務所が色んな事を加味して最適化した報酬に対して、

こちらがそれにフィットできるかどうか。

報酬に対する価値が伴わなければ使われなくなるし、それ以上ならどんどん交渉してくれる。

そして基本的にプレイヤー側ができることは、価値を高める為の努力をするか、
マネージャーや会社に対して、「安いぞー!あげろー!」もしくは、「増やせー!」と心で思いながら、
各所と良い付き合いをしながら良い出会いを待つ。という具合。

そんな報酬も、今の自分に合わせて柔軟に設定できるという事はフリーランスの大きな持ち味ではありますが、

共すると安売り戦争に巻き込まれるというデメリットも。

最近はフリーランスの芸能人も増えてきて、交渉の大変さも度々聞かれますね。

「こういう案件があります。」「わかりました、報酬はどうでしょう?」「じゃあ、見積もりもらえますか?」「えーと、予算的にはどうでしょう?」

わかりみが深い。
報酬を明言するのがどちらかという綱引きが引かれる事というのは多々あります。

案件はもらいたい。が、もらえるものなら報酬はできるだけもらいたい。が、あまりに高すぎる報酬を提示すると他に行ってしまうだろう。が、安すぎると何度も同じ価格で使われることになってしまう。だから相手にまず基準価格を提示してほしい。が、相手もこちらの安い価格を言わせたいようだ・・・。

という永遠の心理戦が繰り広げられるのに付き合わないといけないというのは大変な事。

声優のランクシステムというのも中々微妙なシステムと言われたりもすることも多々ありますが、
ネームバリューが稼げるなら無料で出しまっせ!が横行する業界においてはしょうがないシステムだったのでしょうね。

でも芸能人もTVギャラは安いけど、名前売る為に安売りして出るということが多いわけですから、そういう意味では声優のそれもまぁある種そういうものだったのでしょうねぇ。

ボイスオーバーの交渉術

まぁそんなこんなで大変な交渉という作業ですが、

ボイスオーバーも御多分に洩れず交渉を進めていかなければなりません。

それも多くは低単価で交渉の余地がないようなものも多いです。

まぁできればお互いちょうど良い価格というものを探りたいものですが、

相手も全体のプロジェクトの予算を提示するわけでもなく、できることなら自身の利益の最大化を狙っている人が多いでしょうから、こちらも交渉には身を投じていかないといけないわけです。

そこで、エグいけど効果の高い交渉をご紹介

高クオリティでぶっちぎってから交渉

本来であれば、長期でお付き合いしそうなところは最初に大体の価格を決めて、そんな感じでいきましょねーとするところですが、

これはとにかく安く使い倒そうと思っているなーと思った場合も、最初から断るのではなく、

相手の言い値で受け入れる→最高品質の音声を提供する→仲介業者周辺のクライアントが大満足、他の案件も自分の声で決まりだす→ゴリ交渉。

これです。

高品質の音声で親クライアントのクオリティーボーダーをぶち上げて、他に並ぶ候補が中々見つからないようにして、ともすれば案件の交渉が進んでいる最中に、諸々の事情で今はその額では受けられませんねぇ〜と交渉をスタートします。

すると多少値上げに応じてくる事が多いです。

応じてくれた段階でそれでも利益が残る予算があるんかーいとなりますが、そこはまぁお互いにとってのwinwinのラインを探る闘いです。

これは高クオリティという事だけではなく、いかに自分じゃないといけない状態の中で交渉するかという事です。

自分だけで作成される長期案件の途中で交渉してみる。固定のキャラクターを担当している中で交渉してみるなど。

最初の段階では条件に合わないなら他の人、となってしまいますので、現在の自分への依存度を測りながらの交渉ということになってきますね。

まとめ

ということで、少々エグみのある交渉についてお話ししてみました。

ただもちろん、交渉にはリスクがあります。決まっていた条件を翻そうとするということは、クライアント様にとっての迷惑となることも多く。

いくら依存していてもそういうなら使わない。他の人に紹介なんてできない。

と、横のつながりを潰すということにもなりかねない事でもあります。

自身も滅多なことではいかつい交渉などはしません。多くのクライアント様が納得のいく報酬を出してくれています。

無茶な要求をしようとしているな、とか、背景の予算に対して大分低く提示してそうだな、色んなプロジェクトをまとめた原稿を読ませて安く仕上げようとしているなーと、
何か臭った時に、最悪離れることも想定の中で、でも自分に有利な環境を作りながら交渉をしていく、という事になります。

色んな案件をこなしていけば、どのラインがwin-winなのか、相手が自分の取り分を多くしようとしていないかどうか、感覚的に掴める部分も出てきます。

そして自分の価値も推し量りながら交渉していくことが、守ってくれるものがない中で1人で生き抜く為に重要な事のひとつではないかなぁと思います。

くれぐれも、相手を思いやる事が第一に、良いパートナーをたくさん見つけていきましょう。

ではでは。