ボイスオーバー 解説

売れっ子でなかろうが、ネットで声の仕事をするということは・・

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

声バレもある

ネットで声の仕事を始めて1年以上になりました。

その間毎月100本以上の声を納品し続けてきました。

その中には、社内で社員にのみ提供されるe-learningというクローズなものから、公開されている有料のゲーム音声、誰でもアクセスすることのできるyoutube動画などなど、本当に様々なものをやってきました。

ですが、誰もが知る作品に出ていたわけでもなく、芸名を出している作品もほとんどなかったこともあって、まぁバレるバレないとかいうレベルではなく、認知はゼロに等しいんだろうなーと思っていました。

が、とあるyoutubeで声の提供をしているのですが、そのコメントの中で、

「この声の人って〜の人だよね」、というコメントがありました。その内容も確かにやっているものでした。

確かにそれは露出の多そうなものではありましたが、その時に、声だけとはいえ、認知されてしまうことはあるんだなーと、少し慄いた瞬間でもありました。

声や読みについて、ダイレクトに開かれているyoutubeなどでは、その賞賛も批判も来たりします。

精神的に強い方では無いですが、まぁ一年も経つと「なるほどね・・まぁそんな意見もあるよね。」というくらいには受け止めれるようになりました。

ただそれは、どこぞの知らない人に対する感想というものでしたが、

それがしっかりどういう人かという認知がされた上で行われる批判というのはより重たくなってくるのだろうなーという事を感じました。

改めて顔出しをして大人気原作の主要キャラを全うする人たちというのは、ネットに触れないかサイコパスじゃないと務まらないじゃない、なんてことも思いましたね。

それにVtuberさんなども、正体をちゃんと隠しているつもりでいるにも関わらず、特定されていくという事も途轍もない恐怖なのでしょうね。

なので、ボイスオーバーという仕事においても、ネットに何かを残すという意味では同じ事。
ネットで誰も知らないだろうから、「依頼が来たものはなんでも受けよー」という考えでいるのもとても怖いんだなぁということを改めて思います。

まぁyoutube自体が時代に合わせて収益化の要件や不適切表現に対してのAIや報告での摘発というハードルを設けているわけなので、

引き受ける仕事として、声の仕事上で犯罪的な所業をしたり、プライベート情報の漏洩などという事はないでしょうが、やっぱりそれがネット上に上がるであろう仕事というのは、それが一生残ってしまう可能性があるという事をちゃんと意識した上で、それを自分のレガシーとできるのか、という事にはきちんと一件ずつ向き合って行かねばならないと思います。

声優業界のように、評判が一瞬で駆け抜けるほど狭い世界ではないです。
が、今後業界がどのようになっていくかは誰にもわかりません。

とにかく受けるものは胸を張って紹介できるということが大事なのかなと思います。

特に稼げていない間は、受けれるものならとにかく受けてくなってしまう気持ちも非常にわかりますが、ブランディングという観点もしっかり残しながら、営業していきましょうね。

最後の最後に、伝家の宝刀「他人声の空似」という必殺技で逃げ切る必要の来ない事を願って。

ではでは。