ボイスオーバー 解説

ボイスオーバーで、早く食えるようになるべき理由

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

まだまだ整備のできていない業界

ボイスオーバーの世界はまだまだ過渡期で、事務所や組織による整備もなかなか進んでいません。

逆にフリーランスなど個人による自由闊達な売買がウリであり魅力なのですが、

その分難しい判断を迫られるということも多々あります。

大分センシティブな表現のセリフを求められたり、

著作権的に大丈夫なのかだろうか?という案件であったり、

誰かを傷つける表現になっていないだろうかといったようなものも。

依頼として来て行うものであり、読み手が捕まったとか、炎上したというような話は全く聞かないものの、

もやっとするような案件はやはりあります。

そこはクライアントである作り手も、いろんな欲望や引っ掛かり、利益を生むために刺さる表現を試行錯誤しないといけない苦しさもあるのでしょう。

そんな時に、満足いくほどの稼ぎが無い。食えるかどうかギリギリだと言う時に、自分の心に反しない選択ができるかどうか。

ここを飲み込むことで継続的な案件が入るなら、という気持ちに負けてしまうことにもなりかねません。

そして自分の気持ちを偽るほどに、表現にも力が無くなっていくのだと思います。

ブレない想いが声の強さにも乗る。そう言った人もたくさんみて来ました。

だからこそ、頑張って営業して、誰にでも紹介できる案件を積み上げて、そこに反する案件は気軽に断れる環境をしっかり作っていくことが大事なのだと思います。

まぁセンシティブだろうが自信持ってお届けできるのであれば何も気にすることはなのですけどね。

以上

作品や広告として、人に影響を与えるお手伝いをする声のお仕事。

一歩間違えると誰かの不幸の元に報酬を得てしまうことにもなりかねません。

たくさんの人を幸せにする仕事をたくさん増やしていきましょうね。

ではでは。