ボイスオーバー 解説

やっぱり最初から高みを目指すというのは難しいもの

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

海外案件が増えてきて

色々と海外の案件が増えてきていました。

海外案件がちょっと大変な部分に、言語の壁があるのですが、それに付随して、報酬の送金といった部分もあります。

金銭という大事な部分で、よくわからない言語の中対応しながら、手数料がなんだ、為替だなんだと、日本との案件では出てこない問題も出てきます。

そういうこともあり、海外案件を敬遠している人もいるだろうと思いますし、それがハードルになるからこそ、ブルーオーシャンでもあるのかなぁとも思っています。

自分も、初めて海外プラットフォームから引き出すときには、本当に落ちるのだろうか?というところからドキドキしてましたし、

できるだけ安い方法で、なんてよりもとにかく簡単でわかりやすい方法で!という形で行っていました。

ですが、それが続いてきて、徐々に余裕が出てくると、どうやら今の方法というのは送金でプラットフォーム手数料と為替手数料というのを高く取られているらしい、ということがわかってきて、

ただすぐには手が出せなくて日が経つけど、余裕が出てきたときに、じゃぁより安く引き落としてみよう!という感じになりました。

ボイスオーバーの技術も同じこと

そこからの学びとしては、やっぱりいきなり完璧を目指す背伸びというのは、簡単にできるのであればもちろん目指すべきですしそこに適性があったんだろうと思いますが、

小さいハードルをたくさん超えて、成長を感じながら次を目指していくということが、正しく成長できるんだろうなぁと思います。

プロの技術を身につけようと、声真似なんかも流行っていたりしますが、

もちろんそこで学びとれるものがあることも否定はしませんが、それだけに終始している人は、表面上だけ似せて、声自体はペランペランだったり、音色と音程意外に感じるものが無かったりします。

それで満足であれば良いのですが、それを商売にしていこうと思ったときには、大切な基礎や身につけておくべき技術という小さな段階がたくさんあります。

そしてひとっ飛びで完成を目指してしまうと、そこが疎かになり、表現の迷路にハマって行ったりしていくのだと思います。

特にボイスオーバーは読みだけじゃなく、環境や音響、コミュニケーションやネットなど、付随する知識もたくさんあります。

焦らず一歩一歩、それも言われるがままでは無く自分で小さなハードルをたくさん見つけていくということも、健全に成長するための大事なファクターなんだろうなと思います。

ではでは。