ボイスオーバー 解説

【ボイスオーバーも】スキル販売サイトで意外とクオリティが高いのは・・【言えるかも】

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

大変な優秀プレイヤー探し

クライアントとして仕事を依頼したいとなり、

簡単なのは大々的に宣伝している事務所やプロダクションに連絡を取ることですが、

スピード感は無いし高いしと思い個人に頼もうと思う。

その時の探し方というのがやはり困ると思います。

ココナラなどのスキルマーケットを覗いても大量の出品があり、ここから選ぶのは大変で、

玉石混交、人気なのも安いからかもしれないし・・となると思います。

狙い目なのはもしかして

そこで最近思ったのは・・

『ある程度実績を上げつつ現在そこまで稼働していない人』っていうのが狙い目なのでは。という説。

結局のところ、スキルマーケットやクラウドワークサイトというのは、事務所や登録会社などの仲介を介さない代わりにハードルも無いからクオリティの保証は無い、けど安い。

が売りなのはしょーがないところなのかなぁと思っていて、

ぶっちゃけて、いいたくはないですが、そこから抜け出せていないのはまだ半人前なのかもゴニョゴニョ・・。

そして私も半人前ですが、3分の2人前くらいにはなってきたかなぁと思うのは、そういったクラウドワークサイトで積極的に営業をする暇は無くなって来たということ。

する暇がないと、しなくてもまぁほどほどに食えるとの間くらいですが、でも別に依頼があれば条件が合えば受注はできる。

逆にそう言った人の方が、専業かつ時間単価も高く、スケジュールには余裕があるのだと思います。

と、いうわけで、先ほどの条件の人がフリーランスの中で色んなバランスの良いプレイヤーなのではないかと思った次第です。

もちろん、それは裏を返せば、最安値で引き受けてくれる人ではありません。

しっかりとした相場感を持ちながら、良きクオリティと対応で業務を行ってくれる人、と言うことです。

だから、ほどほどの予算を元に、長期的なパートナーを探したいなぁと思っている人は、そこのラインを狙ってみると、良き出会いに恵まれ、結果としてトータルのコスパ良く業務が進められるのではないかなぁと思いました。

プレイヤー側も自分が今どう言った段階にいるのかなということを認識することも、次のすべき行動を映し出す鏡なのかもしれません。

良きプレイヤーになるほど良き出会いに恵まれて良い環境へ向かって進んでいけます。

良い上昇スパイラルに乗れるようがんばっていきましょう。

ではでは。