ボイスオーバー 解説

エンタメの世界市場は親日本の多さがボイスオーバーの追い風

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

なぜ日本が選ばれるのか

GDPでも各国に抜かれ、国内でも諸問題を抱え、すでに日本は後進国という人もいるような国です。

そしてエンタメも大分ガラパゴス化して、youtubeなども独自路線を走り、世界基準のコンテンツは中々伸びていない。

そんな日本市場にもたくさん参入してくれるクライアント様がいることで、海外マーケットもリーチするボイスオーバーの仕事は成り立っています。

最近プロジェクトの関係で、最近外国のコミュニティにもちょくちょくとお邪魔することがあります。

その中では、必ずと言っていいほど日本語を勉強したり興味があるという人がいますし、

別に日本人がいないコミュニティの中でも、ジョジョやポケモンの話題であふれ、みんなが日本の文化で楽しんでいます。

そう言ったものを見るたびに、自分の今のボイスオーバーの仕事も、エンタメの諸先輩方の天才的な仕事、そしてそれに情熱を持つ人が世界に通用するクオリティを持って派生の作品を作り、それを世界の人たちが面白いと思ってくれたから日本に興味を持ってもらえるんだなぁと感動します。

お金があるけど選ばれない国もある中で、電化製品や工業品の海外進出は減ったけれど、それでもアニメやゲームをはじめとするエンタメは海を超えて世界の人の心を売っています。

そうやって作ってくれた世界との架け橋から生まれた仕事を、きっちり日本人がカバーして稼いで行くのも、とっても大切なことなんだなぁと思う今日この頃です。

アニメやゲームなどのエンタメ、鉄腕アトムなどから生まれたロボット技術などが発展しているというイメージ、軍事産業が作れないからこそ発展した車産業、欧米では珍しいアジア人、海に囲まれた圧倒的に1民族が多い島国、ずっと独立が続いていたからこそ栄え続けた日本文化、京都などの和文化、侍に忍者。

当たり前に享受する文化それぞれが、世界の中で興味深いニッポンとして人を引き付けているんだなぁと思います。

そんな中で上手く発展させ続けることができずに、教育も思考停止の保守的な思想で、そこからドロップアウトした人ほど先進的になっちゃうとかいう謎の状態だし、全体にいい顔をしてみんなで沈没していこうとする日本の構造にしておいて若い人がでないのは若者が元気ないからとかいって自己弁護と正当化に徹しまくり、それでいながら出る若い杭は打ちまくるし、外人経営者も打ちまくって優秀な人は外からは来たくてもこれないという意味不明な状況というのを聞くたびに日本の政治だけには憤りを感じます。が、

確かに数多くの日本の天才達がいて、素晴らしいものを生み出した。

そこまでにはなれなかったけど、そこに引き付けられるシンニホンな人たちは無数にいて、
その文化にあやかってちゃんと産業を盛り上げる一員となれるボイスオーバー 、とても良い仕事だと思いますので、興味のある人は是非日本の誇るエンタメに参加してみてくださいね。

ではでは。