ボイスオーバー 解説

ボイスオーバーの場合、制作物に責任を負うのは?

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

完成品のクオリティーの担保は無い。

ボイスオーバーのデメリットとして、

提出した音声がどんな使い方をされるのか、そもそもクライアントのチームに音を扱うプロがいるのかさえわかりません。というかいないことの方が多いでしょう。

その結果改めて見た完成品がなかなかの状態になっているなんてことも実際ありました。

これはなかなか明確にブランディングを考えている人にとってはしんどい状況かなぁと思います。

ただフリーランスボイスオーバーの場合は逆にいい部分に言い換える事もできるかなと思います。

それは、

結局のところ制作物の責任は総合的な制作者が負う形になるということ。

スタジオ声優・ナレーターの場合

プロのスタジオ声優・ナレーターで事務所所属の場合、

例えばアニメやゲームなんてものは声の影響力を重視します。

起用して盛り上がらなければ、影響があまりなさそうであれば、どんどん使われなくなってくるし、

ナレーターにしても、TVナレーターならそのまま視聴率が直結してくるし、

その他の仕事であっても、中堅以上の事務所が受け終えるギャラを出してくれる制作会社というのはある程度限られていて、そこでうまくいかなかった事は、事務所の看板に傷をつけるし、

リピートが無かった時点で、マネージャー的に次の仕事を振るのが躊躇われることにもなってくるでしょう。

つまり事務所にいて限られた大手と仕事をしていると、

なにかしら成果は全て自分に返ってくるということになっていまいます。

そういった狭い業界であれば、声優の使える使えないもすぐ共有されてしまいますしね。

さらに年数を重ねるほどギャラは上がっていき、その都度そこに見合うのか見合わないのかというジャッジはされ続けていきます。

ボイスオーバーの場合

さてそれがボイスオーバーの場合、数多ある動画・音声制作会社があるなかで仕事をもらい音声を提出して、それがうまく反響を得られなかったとして、それで次の発注が来ないのはその制作会社です。

もちろんそこからのリピートは無くなるかもしれませんが、他の会社からは仕事やってきますし、それが取れるまで営業すればいいだけの話です。

そしてそんなどこにでも転がっている無名のボイスオーバーアーティストの使えないという情報なんてこの広い業界に回る事はありませんし、
逆にあるとすれば、まぁまぁよかったからこの人使ってみるといいよ、というプラスの紹介が多いです。

ということなので、

名前が売れて何もしていなくても仕事の電話が鳴り止まない、というようなネームバリューを持つ事はできませんが、

逆に言えば悪評が付く事もなく、ちゃんと自分で営業をしていく能力さえあれば、ずっと仕事は途切れないし、その都度状況に合わせて値決めをしていけばいい。

守ってくれるものはないけど、その分責任も背負うものもなく、成果物が直接仕事量に影響することもあまりないというのがボイスオーバー業界の現状かなぁと思います。

プレッシャーにやたら弱い自分にはとても居心地の良い状態でやらせてもらっています。

逆に一歩でも踏み外すと崖の下、というようなヒリヒリする状況の方が力を出せるという人もいると思います。

それぞれの性質に見合った生き方が一番良いと思いますし、

そのためには色んな情報を蓄えて最後に直感を信じるのがうまく生き抜く秘訣かなと思います。

ではでは。