演技・技術関連

【最初に】ボイスオーバー・宅録で使用するオーディオインターフェースについて【基礎知識】

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業で、宅録での声のお仕事=ボイスオーバーを生業にしています。

声を仕事にしてみたい、副業を作りたい人という人、

声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

前回までマイクを選ぶための多角的な視点の推奨マイクレビューのまとめをしました。

単体や、パソコンに繋ぐだけで録音可能なマイクもあったと思いますが、

多くは「オーディオインターフェース」というものを必要とするマイクです。

では同じようにこちらも、迷える方への道標として多角的レビューのまとめをさせて頂きたいと思います。

まぁ前回両方セットでレビューしてくださっている神も多かったので、似た部分も多くなるかもしれないことがあるのはご容赦ください。

オーディオインターフェースとは

インターフェイスやインターフェースとかいう違いもありますが、大体半々くらいで使われていますねぇ。

こちらもざっくり理解をしておきましょう。

・オーディオインターフェースとは何か

ずばりマイクをPCと繋ぐための機器です。

・なにをしてくれるのか

マイクのアナログ音声信号をデジタルに変換してPCで扱えるようにするということをします。

・無いとダメなのか

無くても大丈夫な機器も多く出ているが、無いと使えないマイクも多いです。
PCやマイクに内蔵されているものだけで頑張るよりも、外部で独立して変換することで音質が向上する場合が多いということのようです。

どんな違いがあるのか

色々ありすぎて悩む。マイクよりよくわからなくて難しいという人も多いと思います。僕もその一人です。

では機器によってどんな違いがあるのかをざっくり理解します。

接続方法

主流なのはUSBかThunderbolt、お使いのPCがどの接続に対応しているかを確認して検討しましょう。
買ったものの繋げられない!ということもあり得ます。

入出力数

マイクの入力数が1つなのか2つなのかそれ以上か。

同じものでもそこの数で価格も変わります。

基本一人でマイクだけを使用するなら一つでも問題ないですし、将来的に楽器を用いたりしたいとか、DTMも視野に、というのであれば、2ついじょうの入力のあるものを選ぶなど検討するとよいと思います。

端子自体も、標準ジャックとキャノンという2種類があり、先にインターフェースを購入してからケーブルを揃えるとかなら大丈夫ですが、一度にまとめて購入する場合は、どういう端子が刺さるのかと言うところはチェックしておきましょう。

ファンタム電源

前回のマイク編で、コンデンサマイクは電源が必要という話がありました。

検討しているオーディオインターフェースが、ファンタム電源に適応しているかのチェックはしておきましょう。

量子化ビット数

サンプリングビットなどとも呼ばれ、16bitや24bitなどという呪文が、仕事をしていると条件として指定されることがあります。

割合的には16bitなことが多い印象ですが、中には24bitももちろんありますので24以上のもの(最近は32というのも出てきているようです)を検討するのがいいと思います。

32の指定は流石に見たことないです。

サンプリングレート

こちらはどこまで高い音を収録できるかという性能の事。

48,96.192kHzといったような範囲があり、48kHzがあれば人間の可聴範囲以上の音はカバーできるようです。ここを基準に予算と相談するのがよいかもしれませんね。

付属DAW

前に録音ソフトの話がありましたが、オーディオインターフェースの中には、このソフトが付属でついてくることがあります。こちらも、気になっているソフトがあるのであれば、それを基に検討というのも一つの指針ですね。

まとめ

ということで、

ざっくり何をするのか、どんな違いがあるのか、ということでした。

ここを知っておくだけでも、少しオーディオインターフェスの存在が身近になるかと思います。

そしてこの先はやはり沼ってくると思います。

もちろん音のプロとして、仕組みや深い知識を理解していくことは大賛成ですが、

難しくてうんざりしながら無理やり学ぶのであれば、ボイスオーバーアーティストの行動としては、

お勧めされているものでピンときたものをサクッと購入して、しゃべりの勉強をたくさんする事が大事かと思います。

オススメとされているものならば、絶望的な悪い品質のものはないです。
使いながら、より興味が持ててくれば勉強すればいいのですから。

オーディオインターフェースの知識について、
ノウハウコレクターのままで終わってしまわないよう、行動するための最低限のざっくり感でお届けしました。

では次に、プロフェッショナル達によるレビューまとめを見ていただいて、次のステップへ進んでみて欲しいなと思います。