ボイスオーバー 解説

【ライバルがいるから】ボイスオーバーと正社員・アナウンサーの年収【強くなれる】

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

次のライバルは・・・

さて、昨年は無事、前職(正社員)の給料を超えることができました。

まぁ売り上げベースなので、正確なところはどうでしょうという感じですし、社会保険やなんやかんや言うと差は出てきます。

まぁ確定申告ではっきりする部分も出てくるでしょうが、

まぁこまけぇこたぁいいんだよ、ということで、

とりあえず、わかりやすく売り上げで目標を抜くということを一つの目標にしてきました。

未知の業界で、稼いでいる同業の先輩を見ているわけではないので、どうなることやらと1年頑張ってきた結果、あっさりと一つ目の目標を超えた事で、さて次はどうしましょうかという感じです。

ぶっちゃけ声で天下取るってんなら、「東京、スタジオ、ネームバリュー」は現代の稼ぐ声優・ナレーターの三種の神器としてまだまだ揺るぎないものです。

何千人、何万人と関わるプロジェクトの中で最高のパフォーマンスを出し、誰からも認められ、求められる数字に直結するスターだからこそ、高級車を車検ごとに買い換えるとかいうライフスタイルになれるわけです。

まぁそれを目指すというのはもう東京に捨ててきましたので、現在のところで何が狙えるのかというところになります。

そういう意味で、100 or 0、Dead or Aliveの声優・ナレーターってなかなか基準が難しいところがあります。

そんな中で、声の業界で唯一といっていい、正社員として活動している職業。

それが「アナウンサー」です。

ちなみに声優業界でも一時給料体系を導入した声優事務所も生まれましたが、軒並み爆死し、声優界のベーシックインカムは夢と相成りました。エンタメは博打なんよね。

ということで、日々生まれるニュースを世間へ伝えるという超安定した仕事を持ち続ける伝達のエキスパートアナウンサーというのは、自身の日本での給与水準と比較するのに良い存在ではないかと思い立った次第です。

アナウンサーの給与体系

さて、知り合いに正社員アナウンサーもいなければ数人知ってたところでどうするって感じなので、
ネットの情報を集めて確認してみましょう。

わかりやすくまとめているサイトがありますので、こちらから引用していきましょう

https://careergarden.jp/announcer/salary/

まずは平均年収

アナウンサーの平均年収に関しては、求人サービスのサイトによって300~900万と幅があります。

https://careergarden.jp/announcer/salary/

ふむふむ、大体平均するとこのくらいということで、

しかも300〜400くらいは、転職サイトに掲載の平均という感じのようなので、

中途採用というような形だと、平均でこのくらいになってくるというような雰囲気ですね。

そして平均月収ですが、

アナウンサーの手取りの月収は、20万~80万円ほどです。

https://careergarden.jp/announcer/salary/

とのこと。

そんなもんなのねーという感じですが、そこに年2回のボーナスで増えていくんですね。

話は変わりますが、ボーナスというのもフリーが長くもらったことの無い身からすると不思議な制度というか・・。

業績に合わせて設定できるし、働き手のモチベーションにもする為のインセンティブって感じなんでしょうかねぇ。

増えるときの喜びよりも減った時の悲しみの方が大きそうですけどね。中々個人で増減に関わている気もしなさそうですし。

まぁこの月収も一つの比較基準になりそうですね。

アナウンサーの新卒の初任給は23万円〜25万円程度、年収は350万円程度が相場となっています。

キー局が最も高いといわれており、TBSの2020年の募集要項を見ると、初任給は265,929円(2019年4月実績・34時間分の固定残業手当61929円を含む)です。

https://careergarden.jp/announcer/salary/

初任給のお話。

こう見ると、天下のキー局アナウンサーも初任給は26万なんですねぇ。それは意外でした。

まぁ新人アナウンサーは入ってから研修しながら技術を磨いていくんでしょうし、
当然といえば当然ですか。

これで東京ともなると、いきなり羽振りの良い暮らしなんて自力では夢のまた夢って感じなんでしょうかね。

となると稼ぐ為の出世競争というのも華やかな裏にはあって、それも大変なんでしょうね〜。

地方局のアナウンサー

地方局に勤めるアナウンサーの場合、年収は300~400万円からスタートすることが多いようです。

キャリアを重ねるうちに年収500万円以上になりますし、その都市の企業のなかでは高給になるのが一般的です。

https://careergarden.jp/announcer/salary/

地方局の場合。

まぁ平均的なところから始まり、500以上としているところを見ると、1000万近くというのは中々厳しい状況なのでしょうねぇ。

地方的には500くらいで中堅といった感じでしょうか。

局で働くアナウンサーの年収は、高くても2000万円程度。

それに対して、フリーのベテランアナウンサーともなれば、1億円以上を稼ぐ人もいます。

https://careergarden.jp/announcer/salary/

最大値としては、局で〜2000。フリーだと1億以上・・・。

まぁこれは声優・ナレーターと同じくトップランナーということで、一応押さえておきましょう。

まとめ

ということで、VSアナウンサーを調べてみましたが。

300レベル 1年目の地方局アナウンサー

350レベル 1年目のキー局アナウンサー 最初の洞窟のボス

500レベル 地方局中堅アナウンサー

800レベル 地方局ベテランアナウンサー 

1000レベル キー局中堅アナウンサー 中ボス

1500レベル キー局ベテラン・人気アナウンサー

2000レベル キー局大人気アナウンサー ラスボス

1億レベル トップフリーアナウンサー 隠れボス

てな感じでしょうか。

1000レベル以下の話を細かくしたかったのですが、まぁ局や勤続年数によってピンキリなんでしょうねぇ。

さてさて、まぁ正社員と比べるといっても、休暇の体系も違えば、社会保険も福利厚生もあり、

その代わりに会社の意向、アナウンス以外の雑務、やりたい仕事がどれだけできるか、わかりやすい人気の差などなど、色んな苦労もありそうで、
どちらが幸せなのかは人によって違うでしょう。

それでも、日本における報酬の軸を持っておくと自分が日本という市場の中ではどのくらいなのか比較でき、

せっかく自力で給料をあげれるフリーランスなのだからとことん追い抜いてやるぜーと、
熱いモチベーションになるか、はたまた、
このくらいなら無理して頑張りすぎなくてもいいか、

などと、バランスを取って働けるようになるかなと思います。

やろうと思えば無限に働けるフリーランスボイスオーバーアーティスト。ちょうど良い塩梅を探しながら、余裕を持って働きたいものです。

現状ボイスオーバーで中ボスを倒そうと思ったら、チーム化や別の形で報酬をバグらせようとしないと難しい側面もありますよねー。でもそれを考え実行できるのもまたフリーランス。

まだまだ目標は尽きなそうですね。

ではでは。