ボイスオーバー 解説

フリーランスとしてやっていく上で役立つサービス【セキュリティ】

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

さて、今回はフリーランス生活に役立つサービスという事で、

世間的には超定番ではあるんですが、敬遠してたけどやっぱり導入すべきだったというサービスをお伝えします。

1password

ねー。知ってるよねー。

至高にして最強のパスワード管理アプリとして、度々耳にはしていたものの、

有料なんでしょ?その金あるなら貯金するわ、の一点張りで避けていましたが。

アホでした。

いいものは良い。経済的なトップランナーが勧めるものはちゃんとコスパに見合う、それ以上の価値があるから使う、だから経済的強者なのだなぁと改めて認識する次第です。

という事で、知らない人、知ってるけどまだ使っていないという人へ向けた記事になります。

超定番パスワード管理アプリ

ざっと特徴と伝えておくと、

あらゆるサービス、ソフト、アプリのIDやパスワードを登録しておくことができ、

こちらが覚えておくのは1password用のパスワード一つのみ。

そのパスワードが漏れてしまったら?>初めて使う機材からのアクセスには、パスワード+超長いシークレットキーを求められるので、大丈夫。

そして登録したパスワードは全て暗号化されているので、1passwordの会社自身もパスワードを見ることはできません。

クラウドも対応しているので、使用している機械が突然故障しても大丈夫。

クラウドが怖いよという方はネットに繋がないスタンドアローンでも使用可能。

それが個人なら月額350円ほどで使えるというサービスです。

導入の経緯

サービスについて見聞きしたことはありましたが、前述の理由から敬遠してきました。

パスワードくらい自分で管理できるしよっぽどハッキングなんてされないだろうと。

そして実際そういったことは導入までもなかったのですが、

最近やたらgoogleさんがパスワードの使い回しを警告してくるし、

銀行はもちろんですが、使用するプラットフォームも増えてきました。

銀行は1タイムパスワードなど明確にセキュリティを高めてきていますが、

プラットフォームはお金が入っているにも関わらず、簡易なIDとパスワードで入れてしまうという現状。

守るものが増えてきたことで、月350円なら出してもいいか・・という気持ちになりました。

そして年始ということもあり、新しいものを始める気持ちにもなり導入してみました。

とっても良い感じ

まだまだ使い始めではありますが、

痒いところに手が届いていて、使い勝手が良さそうです。

スマホはfaceID、ipadは指紋認証などにもしっかり対応して、

このワンタッチで実際のパスワードは難攻不落の硬いパスワードになっているというのはとても素晴らしいですね。

実際の所、久しぶりに入るプラットフォームや、変なとこ入ってクッキーを消さないといけなくなった時、クレジットカード情報など、

あれなんだっけ、となってメモしてあるのを探したり、カードを持ってきたり、使い回していたパスワードを勘で行こうとしたらロックされてしまったりと、ポンコツ力を発揮してパスワード関連で失っていた時間を月350円で買えたという事だけでも自分的にはお得です。

主に会社にいるならそれは会社のセキュリティ問題ですが、フリーランスで在宅だと、全てのID、パスワードが自分の財産に大きく関わり、扱う回数も多いものです。

親にも1passwordを導入してもらって、シークレットキーとパスワード一つを置いておいてもらえば、もしもの時に安心かなと思うので、上手く導入を誘導していきたいと思います。

以上

そんなこんなで。そのサービスで買うものは一体なんなのか、

1passwordはただ管理するだけでなく、セキュリティ=保険になりメモにもなり、それが時間を買うことにもなる。

病気などの微妙な保険に入るくらいなら、1passwordを入れたほうが、よっぽどリターンがあるのではないかと思います。

日々の固定収入を見直し、より良いものに最低限のお金をかけていくことが、5年後10年後のの自分の豊かさを作っていくと思うので、良いとされるサービスは早め早めの導入を強くお勧めします。

ではでは!