ボイスオーバー 解説

報酬が上がっていかない人の特徴

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

できることはたくさんある

実力はあるのにまだ専業ほど案件を持っていないという人の作業内容を聞いてなるほどーと思ったので共有致します。

それはずばり、「時間のかけすぎ」

わりと小さな案件にも関わらず、何日も時間をかけて収録しているという話を聞きました。

うーん、その作品への愛は素晴らしいと思いますし、追われるように録り続けている自身もそれはそれで良くないなぁと思う瞬間もあるのですが。

そのバランスというのはしっかりと考えていかないといけないと思います。

そもそも、宅録の一つのメリットとしては自分の気の済むまでやり続けられるというものがありますが、

果たしてやればやるほど良くなるのか、という事はあると思います。

自分も何度か録り直すことがあって、明確に失敗した場合は最後のテイクを使うことが多いですが、

両方ミスが無い場合で比べると、結局最初の方が良い場合が多いです。

読みに対する新鮮さ、反応感など、繰り返すたびにどんどんわざとらしくなっていく部分はあると思います。

まぁ慣れていない内はより深い芝居や読みになっていくこともあるかもしれませんが、

基本は一発で決めるつもりでやっていく方が良いと思います。

自分1人でウンウンと録り直しまくるよりも、その時にできるミスなくできたものを提出し、クライアントのフィードバック、アドバイスを得る方がはるかに有益です。

そして終わった後に、編集したり、完成品を確認しながら自己反省。

さらに、余った時間を自身の営業、世間へ自分の存在を知らしめる事に時間を使いまくり、場数を増やしていく、たくさんのクライアントの多角的なフィードバックをもらう。

もらえなくても、リピートがきたところ来ないところの差など、

いろんな形でトライアンドエラー分析をしながら、客観的な目線を交えながら、自分の音声のクオリティを上げていくということが大切なのかなぁとおもっています。

そもそも納品もクライアントからすれば同じクオリティなら早い方がバリューになりますからね。

実力が上がっていけば、仕事がたくさん来てじっくりやる事なんでできなくなってきてしまいますから、1、2発で最高のものを出せるように慣れていきましょう。

もっと言えば、案件整理や経理、など、事務的な事をどのくらいのスピードでできるかという事も時間単価に大きな影響を与えるファクターになっていきます。

タイピングが遅い、ビジネスメールで時間がかかりすぎる、経理の基礎がわかっていない。

などなど、フリーランスとして自分に足りないものがあるなぁと思った時は、専業になる前に、そういった事に触れられる仕事をしておくと、一石二鳥になると思います。

自身もパソコンに慣れ親しんでいた事、講師時代に事務関連もたくさん任されていた事、リベ大に影響を受けて簿記を取っていたことなど、色んな事が多忙な中なんとか仕事を回せているポイントになっています。

案件への愛もとっても大事ですが、それに並行して、
自身の効率化、スピードも意識しながら時間単価を上げていきましょう。

ではでは。