ボイスオーバー 解説

体力落ちた?意識的にならないとどこまでも・・

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収100万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

引きこもり生活

さて、毎日通勤していた日々から解放され、引きこもり生活を初めて早2年弱。

引きこもりといっても、買い物に出かけたり、税金をおさめたりはするので、全く家に出ないわけではありません。それに庭の掃除やポストのチェックなどもあったりします。

まぁそれは外に出たというか外の風を吸ったくらいなものですが。

なので、半分くらいは家の中の移動だけで終わる日もあるという状況です。

まぁそれを不健全とお思いの方もいるかもしれませんが、

会社との通勤で家にいるか会社にいるか電車にいるかが大半の人たちだって、ただ菌を媒介して拡散させているだけの存在です。

引きこもりじゃないのは、休みごとにアクティブにどこかへ遊びに行きたいと衝動的に思えるパリピ人間だけじゃないのかと問いたい。

それは置いといて、ただ出勤する人と明確に違うのは、歩く歩数でしょう。

いくらデスクワークとはいえ、ずっと座りっぱなしということはあるまいし、行き帰りの移動やらなんやらで、自分よりは適度にあるいているだろうと思われます。

そんな中で、自分も1kの部屋というわけではないですから、家の中を歩き回ったり、自分史上最デブに抗おうと筋トレなどもしていたりします。

そんな中で最近お出かけしました。日中に4、5時間ほど、買い物に絵画展にと歩き回って、久々に足が棒の感覚を味わいながら家に帰ったのですが、かなりヘロヘロになり、体力の低下を意識しました。

読み時代も少し集中力だったりよれる事が増えたかなという思いもあって、基礎練習を増やしたりも意識していましたが、もしかするとこれは、体力自体の低下ということも密接に関係しているのではと思う今日この頃。

翌日も長めに寝ていました。就寝のリズムは今至って良好なので、病気などにはまったくかかっていませんが、もし案件の詰まりで徹夜でもしようもんなら一撃で寝込む可能性も出てきました。

ほんとに長期的にお仕事をしていきたいと思うならば、どこかで意識的に体力づくりも並行して行わないと、どこかでバテてしまうだろうなぁと思います。

筋トレに加えて、ランニングもメニューにいれていこうと思いつつ、どっか自然にスイッチ入らないと続かないんだよなー。

というわけで今体力づくりのアンテナはしっかりと立てています。あとはタイミングのみ。

皆さんも体力をつける為に何かしていることはありますか?

ではでは。