ボイスオーバー 解説

【ボイスオーバー 】読みが上手くなる秘訣【成長の鍵】

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

読みが上手くなっていくために大事な事は

声の仕事をする上で大切な読みの力。

それを向上させるために一番大切な事、それは、

「打席に立ち続ける事」だと思います。

本番の場に立つメリット

もちろんいろんな技術は大切で、一朝一夕で身につくものではありません。

弛まぬ訓練というのも必要なのですが、

それと並行して本番の場というのをしっかり踏まないと成長していかないのだと思います。

本番の緊張感で出し切る事、そこに必ず自分のフィードバック、クライアント様にリピートをもらうためにあらゆる点で良い印象を与えたいと願う意識。

そして相手からのフィードバックや、使われてもおかしく無いのに継続がない事の焦り、などなど。

やはり本番というものには、自分の成長を飛躍させる為のブースト装置がたくさんあるわけです。

さらにボイスオーバーの世界は本番を踏むのに適していて、自身で録音もして編集までしていくので、

自分の声と喋りのより細かいところに対するプレイバックを必ず聞くことになるし、

自身で編集する中で間の取り方や音のメロディなど、いろんな側面から次に生かすこともできます。

演じ分けの未熟さに気付いたり、より変化を加える為の試行錯誤なども、本番練習ほど身に付く事はありません。

逆に、自身で完結するからこそ、他の人とのグルーヴや、ゾーンに入るほどの集中という面は少し弱くなるかもしれませんけどね。

さらに、ボイスオーバーの広大な世界では、仕事で1、2回事故っても、またやり直すことができます。

スタジオ声優・ナレーターでは一度のミスで、ひどいと何ヶ月も干されるなんてこともありますからね。

まぁ声もどうしても個性のあるものなので、ネットに残り続けてしまうリスクはきっちり覚悟しないといけないですけどね。

レッスン、学校の落とし穴

そういった本物の緊張感が、やはりレッスンや学校では難しいところが多いですよね。

まぁ学校でもお仕事や発表会など、本番を頑張って用意しようとしていますが、

基本的にはどれも受け身になってしまい、同じ講師の正解を模索するだけの体験になってしまいがちです。

お金を払って行う本番で相当な責任感を生むというのはなかなか大変なものでもあります。

レッスンで一番身になるのは、「比較し、自覚する」事

なにより自身の向上の為に必要な事は、自分がちゃんと目標設定を持つ事です。

なんかよくわからないけど学校いってみた、では、けなされても褒められても何も自身に響かず、自信も持てないまま進んでいってしまい、どこかで否定されるとポッキリ折れてしまいます。

が、本番を経験するなかで、自分のプレイを振り返り、他の人の声やしゃべりに差を感じ、足りないものを自覚した上で、それを伸ばす為のレッスンこそが、本物のレッスンなのだと思います。

次のスターの出る場所

仕事がくるまでに何年もかかってしまうスタジオでの仕事と違い、

自分の営業とアピール次第ですぐに仕事につながるボイスオーバー 。

ここほど実力者が育っていく場所も無いと思っていますので、

是非声の仕事に興味がある人は積極的に仕事を録りにいき、

自身の能力を明確にあげていくことが大切だと思います。

ではでは。