演技・技術関連

【全部含めて】ボイスオーバーで読みあげる以外にやっていること【業務です】

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

今回は、ボイスオーバーをやっていく中で、ボイスオーバーにまつわる業務についてお話ししたいと思います。

読むだけの簡単なお仕事ですと言いたいところですが、何かとまつわってくるものはありますので、

具体的にどんなことしているのか、知っておくことは大事です。

ではいってみましょう。

読みあげ以外の業務

営業

ボイスオーバーアーティストは事務所もあるにはありますが、

基本完全フリーランスであることが多いです。

なので、ピーチクと案件を待っていても、十分に来ることはありません。

なので、たゆまぬ営業を通して、思い立ったら自分を使ってくれる人をたくさん増やしていく事が、
月々の安定した収入につながります。

まぁ完全事務所所属であっても、マネージャーへの営業などもありますし、時にそちらの方がままならず大変ということもあります。それぞれの苦悩はありますね。

さらにこの作業には終わりがないという点もあります。

やろうと思えば営業活動は無限に行う事ができるのです。

そして、実際話が進んでからも、条件を相談したり、サンプル作成して提出したり、

出会ってからもやりとりを重ねて、時にフラれるということもあります。

練習

無限にできる事part2。

やはり技術や、それに付随する魅力で抜きん出なければくら営業しても使ってもらえないという現実があります。

プロダクションでは、プレイヤーはこちらに心血注ぎ、プロダクションは売り込みを必死にしていくという、いわば2輪の状態ですが、

こちとら完全フリーランスとしては、一輪車でキコキコ頑張りながら、

この無限作業の文字通りバランスをとって進んでいきます。

まぁある程度修行を積んで入ってきた身の私は、そこまでがむしゃらに時間をかけれてはいません。

一人でやってると価値観が凝り固まってしまうので、また人の意見も取り入れるためワークショップとか行ってみたいですけどね。

打ち合わせ

さて、ここからは有限パート。

営業を通して、幸運にも使ってくださる!となってからも、打ち合わせは生じます。

原稿をもらい、トーンや注意点、音声の作成条件などが主ですが、

テキストなこともあれば、ビデオミーティングなどを通して、じっくりやることもあります。

原稿管理

もらった原稿をどのように使って読むか。

人それぞれかと思いますが、

自分は書き込みが必要だったりすることもあり、原稿をpdfやwordでファイル化して、

ipadに取り込んだり、映像やイラストが必要であれば、一緒にノートパソコンも使ったりと、

何気にこのファイル管理をして収録の準備をするということにも時間を使います。

もちろん案件が完全に終わった後はそれぞれ守秘義務として削除などのデータ管理も。

下読み

収録の準備を整えるとともに、打ち合わせを通して頂いたイメージを持ちながら、

原稿を下読みします。読み方、読みにくそうな箇所、前後の意図、文の解釈などをざっと確認しメモ。

動画やイラストがあると、そちらともニュアンスのすり合わせなどが出てきます。

ここがスピーディーに明確に進むと、収録時間も短縮されます。

長いものほど大変だったりしますね。

編集

下読みと編集の間に読みが入りますが、

終わったら、NG部分のカットや前後の間の調整、

映像があれば尺合わせなども入ってきて、

クライアント様の要望があればそれに沿った編集をしていきます。

同じく長いものほど時間がかかり、時には収録よりも長くやってることもあったりします。

案件の中には、NGも含めてとって出し(とってすぐに出す)というものもあるみたいですが、

個人的にはすごく嫌ですねぇ。

ノイズ処理

編集が終わって音声ファイル化したら、仕上げにノイズ処理をかけます。

まぁ持っている人いない人いると思うので人による項目ですが、

ルーティーンで全体、箇所ずつかけて行きます。

経理

まぁこれはフリーランスなら誰もがという感じですが、

主に月末には各クライアント様に請求書を作成して送付。

金額先方でまとめてくださる所もあれば、

一件ずつぽちぽち確認しながら打ち込むこともあります。

薄利多売のボイスオーバーだからこそ、余計にここの時間はかかるという特徴はありますね。

まとめ

という事で、ボイスオーバーの読み以外の業務でした。

まとめると

  • 営業
  • 練習
  • 打ち合わせ
  • 原稿管理
  • 下読み
  • 編集
  • ノイズ処理
  • 経理

などがあるんですね。

挙げてみると色々ありますよね。

読むだけじゃん、と思っているプレイヤーに興味のある人は、他にも時間かかる事もあるのでそのつもりでーと、

読むだけじゃん、と思っているクライアントの方は、あまりに低単価だとこのような兼ね合いもあり、敬遠されてまともな人は寄ってきませんよーと。

まぁそれぞれ流れがわかって掴めてくると、口笛を吹きながらできるようになってきます。

有限の作業も無限の作業も、できるだけ効率よくできる所はしていって、

読みは納得いくまでこだわってやる。

それぞれ良いバランスで仕事をしていく事が、信頼と実績を積むために大事な事です。

そして仕事が増えれば増えるほど、この効率化が効いてきますので、
作業短縮化の為の細々とした小技などもまた紹介していけたらと思います。

ではでは。