ボイスオーバー 解説

本当に声優事務所に行くべきか?【自分の頭で考えよう】

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

さて、本日は、この多様化した時代の中で声優事務所に入るべきなのか?というお話をしたいと思います。

多様化する選択

一昔前、メディアが制限されていた時代には、声の仕事のほとんどはラジオ、TVが握っていていました。

そしてそういった場所で仕事をするには、連綿とメディアとの取引と付き合いを続けてきた、声の事務所というものの繋がりが無いと中々仕事を取る事が出来ない状況がありました。

TVの隆盛期のバブルの時期を経て現代。

日本の経済の低迷が続き、TVの広告費が落ちていき、ネットによるメディアの解放。

ネットからスターが出始めて久しく、声の分野でも少しずつその傾向が見られています。

さて、そんな中であなたは何を選択し、どう声の世界を生きるでしょうか?

まだまだ旧態依然とした業界

そんな中にあっても、声優の学校などでは、Vtuberやライブ配信などについての取り組みなどは出てきましたが、声優の進路に関しては事務所の所属を頂点とし、事務所養成所の良い待遇での合格がゴールとしてそれ以外の進路の選択肢は無いように見えます。

まぁ中々実態の見えないフリーランスを目指せという事も無いでしょうね。

ただ経験上確実に声のフリーランスの土壌は出来つつあり、何を目的とし何を目指すかという事はしっかりと見据えながら未来を選択してもらたいなぁと思います。

目指すところは?

声で食べていきたいのであれば、フリーランスの方がパイは大きいです。

スターになりたいのであれば、ネットでの活動からでもなれます。

逆に有名ベテラン声優の影響力が以外と無い事が露見してしまったりする中で、力の無いメディアがプレイヤーの影響力に頼る時代に、自由に動けない事務所に縛られる事がどれだけ可能性を狭める事でしょうか。

事務所に求める事というのは、トッププレイヤーとしてギャラをバグらせる事、TVアニメーションと関われる可能性が高くなる事、トッププレイヤーと触れ合う機会を作れる可能性が高くなり、その業界でのトップの技術を盗める事。

このようなところでしょうか。

もちろんそのバリューは自身が経験して本当にかけがえのないものでした。

ですが、何も考えずに10年いたとしたらと考えると中々ゾッとする状況でもあります。

自分で選択し、自分の頭で考える事

アニメに出れるかもしれない。という誘惑はとても大きなもので、

ともすると、声優事務所に対して、盲目に、従順になってしまう事もあると思います。

何年かの養成所期間を費やした上でなんとか入った事務所ならなおさら。

ただ、自分は本当に何がしたいのか、持っている才能と、どれだけエンタメに狂えるのか、色々なものを捨てて声の技術を磨く事ができるかどうかは、ある程度修行していればもう判断できるはずです。

何を求めているかをきちんと整理して、それでも今の事務所にいるべきなのか、目指すべきなのか。5年、10年後の自分を見極めて歩みを進めてもらいたいなぁと思います。

トッププレイヤーにはなれなかったけど、上手くサイコロの目が転がり食べれるようになった人間からのアドバイスです。

まぁ声に携わる色んな人に稼げるようになってほしい、一方で自分より上手い人は事務所がしっかり活動を縛ってほしいなぁという闇の自分もいます笑

頭は冷静に俯瞰で状況を見て、心は燃やし決めた目の前にある事をとにかくやりきる。

これがやはり良い未来をつかむために大事な事ですよね。

一人一人や良い未来を掴み、将来を担う子達のためにも、声の業界も日本も良くなっていくことを願っています。

ではでは