ボイスオーバー 解説

男性ボイスオーバーに有利な声質は?

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

有利な声はあるのか

さてさて、ボイスオーバー専業になって1年以上、様々な案件をこなしてきましたが、そんな中でどういた声質が有利だろうか、ということについて考えました。

結論的には、やっぱり「低音」ボイスがいいよなぁという結論です。

まぁ自分自身は中高音といった感じなので、ないのもねだりということも言えるのでしょうが。

ただやっぱり低音を求められることが多いなというのは感じています。

案件的に

案件という視点で見てみると、やっぱりネットの声の仕事で十分に稼いで行こうと思ったら、ナレーションは外せません。

企業が必要だから出すe-learningなどは、それ自体が売り上げを上げるのではなく、そこに企業が投資して、ゆくゆくは会社の業績が上がればよかったり、元々あった教育費を削るために作成したりするわけなので、

作成したということだけで、利益が乗ってくるのです。

が、エンタメはというと、

それをたくさんの人が見て、広告費になるか、それをフロント商品として注目を集めて、関連商品などが売れていったりするなど、その作品が注目を浴びなければ全く利益にならないと言った構造になっていることが多いです。

エンタメ会社の宣伝の一部ということももちろんありますが、数は少ないと言って良いでしょう。

そんなある種バクチ的な利益回収よりも、企業の数だけありえるe-lerningやCMといったものがネットの仕事多くなるのは必然で、逆にエンタメの仕事はトップ声優など芸を極めしものに集まっていくのも道理と言えます。

そしてそのナレーションにおいては、品や説得力が求められることが多く、

それを担っているのが胸の共鳴の響きと言われ、それが強い人というのは低音が良く響くという寸法ですねぇ。

喋りの落ち着きも求められたりしますが、最初は声優畑を狙って種を撒いていた人間なので、少し抑揚が強く出てしまうところも痛いところ・・。

ナレーションの一線で活躍していた先生に教わったり、バスボイスのボイストレーナーさんに低音の響かせかたを教わったりしたおかげでなんとか使い物になったようで、ナレーションのお仕事もちょくちょくいただいています。

高音はどうなのか

そんなこと言って高音の人はいい事ないのか!といわれると、

中には若い男性の雰囲気を求められる案件もあったりするので、そういったところでは活躍します。

10代の男性、でも女性を起用するほど幼くはない、という感じの時ですね。

はっきりしたことはわかりませんが、海外では幼い男の子であっても女性声優を起用するという考えは無いのでしょうかね?また機会があればエージェントなどに聞いてみたいところです。

ということで、フレッシュな男性を求められる時には自分の出番!とばかりに生き生きと表現しています。

ただ、喉の酷使ということもあるのか、トレーニング不足か、昔よりも高音の伸びが悪くなってきたようにも感じます。

低音意識の読みが多いせいもあるのでしょうか。

中高音で高音が効かなくなってきたらいよいよ個性なくなっちゃうので、なんとかしたいところではありますが・・。

ということで、高音にももちろん強みはありますが、ボイスオーバー案件全体の報酬という視点で見ると、低音の方へ少し集まっているかな、といった印象です。

スタジオを目指すなら本当になんでもいいとも思う

これが事務所付きのスタジオ声優・ナレーターを目指すというのなら、個人的にはどんな声でもいいと思います。

もちろん低音だと悪役ができたり、超低音のプレイヤーは多く無いから目立てるということはあるようですが、

どんな声でも突き抜けることができれば面白がられて使われて、人気が出てくると思います。

そして目立って人気があるものが文化になっていったりもするわけなので、どんな声であろうと、そこにある個性を磨き抜いて露出を増やしていけば仕事には困らないということになると思います。

ですがボイスオーバーの場合は、名前が仕事を読むということはほぼなく、案件に応募して誰が選ばれるかの世界なので、そう言ったときには、説得力と品を持つ低音は有利なのかもしれないなぁという結論に至りました。

実際低音ボイスの昔の事務所の先輩なども知り合いでいるのですが、鼻腔に音を集めて調音すれば、そこそこの高音も出るわけなので、演じ分けや芝居においても、やっぱり低音万能じゃないのか説は思ってしまいますねぇ。

実際にボイスオーバー界の低音プレイヤーの話も聞いてみたいですね。

以上

ということで、個人的に男性ボイスオーバーアーティストとして有利な声は低音なんじゃないのかと思っている。という結論でした。

まぁそうではない自分がそこそこ稼げているので、逆に夢のある業界と思ってもらってよいのではないでしょうか。

とにもかくにも、隣の芝生の青さを恨んでいる時間ももったいないので、もっているカードで生きていく。

自分の声を鍛え抜いて、自分の表現を良いと思ってもらえるように、日々精進していきましょうね。

ではでは。