ボイスオーバー 解説

ボイスオーバーのお仕事。どんな案件があるのか

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業で、宅録での声のお仕事=ボイスオーバーを生業にしています。

声を仕事にしてみたい、副業を作りたい人という人へ情報をお届けしています。

さて、声のお仕事は実際どんなものがあるのか。

それはボイスサンプルなどを作るのにも関わってきます。ボイスサンプルとは、相手にキャスティングビジョン・この人使ってみたい、を想起させるものだからです。

つまり、狙っている仕事と外れていたら、「うまく想像できないな〜、じゃぁ別の人。」ということにもなりかねません。

現在の市場でどんな案件があるのか知ることは、まず押さえておかなければならないことです。
でないと、独りよがりな売り込み方になってしまいがちです。

どんな声の仕事があるのか

ボイスオーバーとして受けれそうな声の仕事について書いていきます。

ただ市場は変化していくものですから、まずは今募集されている案件をしっかりみていってくださいね。これは自分の守備範囲かなというものをメモしていくと、作るべきサンプルが見えてきます。

では挙げてみましょう

youtubeのキャラクターナレーション

まず多くの、ほとんどといってもいいくらい、youtube絡みの案件が多いです。もはやyoutuberといっても過言ではありません。タレントやエンタメのあり方同様、ボイスオーバーの業界を開いてくれています。ボイスオーバーで頑張ろうと思っている人は一度google本社の方角へ向かってお辞儀してみてもいいかもしれません。

さて、これはyoutubeで扱う動画の中のキャラクターに声を当てて欲しい、といった依頼です。

内容も様々。アニメのようにぐりぐり動いて、臨場感たっぷりのものもあれば、LINEの画面を用いた形で迫力あるやりとりを描いたり、vyondという、アニメーションに特化したクラウドサービスなども出てきてからは、それを用いたアニメーション・動画も増えてきました。

とにもかくにも、ここで大事な技術はお芝居ができるかということ。
与えられた台本を感情豊かに読み上げる事が求められます。
日常的な事を扱うストーリーも多いので、アニメっぽい声してなくても大丈夫かな。と不安にならずとも大丈夫です。それが強みになる場面も多々あります。

クライアント様に認められれば、継続して受けられる事も多く、長い付き合いを見越して応募しましょう。

中にはセンシティブな内容の案件などもありますが、そこは自分が受けれるか受けれないか、作ったものは残っていくという可能性も想像して、将来も見据えて決断していきましょう。

youtubeの広告動画ナレーション

こちらの案件も比較的多いジャンルになります。youtubeの合間に挟まる広告の動画になります。
いわゆる動画アフィリエイトというものですね。

商品を売る為の動画に必要な読み上げをしてもらいたいというものですが、
これが一つ目に上げたyoutubeアニメの表現を使って商品を宣伝するものであったり、
テレビCMでも見かけるようなナレーションベースのものなど、いろんな種類があります。

キャラクターを演じる演技力も必要ですが、商品の情報もしっかり挟まるので、
ナレーション、アナウンスのコツというものも知っておくと一目置かれるかもしれません。

youtube系案件について言えることは、比較的テンポが速いということ。
youtuberの動画でもジェットカットなどの編集が基本になったこともあったように、ボイスオーバーにしても、結構スピーディーに読むことを求められがちです。

ですので、早口になっても内容が伝わる、滑舌能力もより必要となります。

そして、直接商品を売り込むことでマネタイズに繋がりやすい為か、少し報酬相場が高い傾向にあります。

逆にエンタメチャンネルでの動画の場合は、視聴数が上がらずマネタイズが厳しいと、早々に打ち切られたりということもあります。TVのクールなどとは違い、切ると思った瞬間が切り時なので、世知辛いといえば世知辛いですね。

企業紹介ナレーション

企業自体の紹介であったり、人材募集、商品の販売などの動画ナレーションです。

動画の時代になり、今まで大きなTVCMなどは打たなかったところも、安価に動画を作成して広告を打つ事が可能になるにつれ、そういったボイスオーバーの案件も増えていっています。
これもyoutube広告で挟まったりすることも多いのですが、よりナレーションベースで信頼感や品というものを求められる場面が多いです。

日本語読み上げナレーション

外国の方向けや、日本人の英語学習用などの為の日本語を読み上げるという案件です。

こちらもあまり経験がなくても手を出しやすい案件ではないでしょうか。必要な技能としては、一定の速度で安定して読めるとか、抑揚がつきすぎない、標準語で読める。というところでしょうか。

オーディオブックなど書籍の読み上げ

音声文化の広がりとともに、書籍を聞き手へ向けて読み上げる、オーディオブックの需要も少しずつ広がりを見せています。

有名どころは大手がしっかりと一流の読み手を使って制作していますが、そこまで予算を付けられなかったり、個人で視聴するように依頼するというケースもあります。

個人での視聴は少し単価が安い代わりにちゃんと理解できればクオリティは問わないという案件もあるので、初心者の方にはおすすめかもしれません。

が、注意点として、結構な文量がある事が多い為、まとまった額は狙えるのですが、慣れてないと心が折れそうになります。納期などともしっかり余裕を持って設定しておきましょう。

イベント、結婚式ムービーナレーション

主に個人で使うようのムービーへの音声作成の案件です。

イベントで流す映像、結婚式の余興で流す音声、スポーツイベントでの選手の読み上げなど、
バラエティ豊かな内容なので、いろんな表現の引き出しがあるひとは楽しめるかもしれません。

まとめ

少し長くなりましたが、ざっくりとよくある案件の紹介でした。

向いてそうなものを狙うもよし、やりたいと思えるものを狙うのも長く続けるコツの一つです。

興味のないものを頑張ってもノって無さが声に出たり、消耗するかもしれません。

そういった案件へ向けて、サンプルボイスを作成していきます。

理想は、受けてみようかなと思うそれぞれのジャンルに対して一つずつはあると、受注率は上がっていくでしょう。

依頼には参考動画、イメージ動画なども載せていることも多いので、そういうものも確認して取り入れながら作成していきます。

副業として、専業としてこういった案件を受けながら生活を豊かにしていく。ビジョンもしっかり持ちながら案件へ応募していきましょうね。