ボイスオーバー 解説

日本はyoutube大国?ボイスオーバー翻訳吹き替え案件が多いワケ

ひろ
ひろ
こんにちわ、ひろです。

専業でボイスオーバーアーティストを生業にしています。

まずボイスオーバーってなに?という人はこちら。

要するに、「声優・ナレーションをはじめとする宅録で行う声のお仕事全般」を指します。

専業1年目にしてボイスオーバーで月収50万円を達成した経験を元に、

声を仕事にしてみたい、副業を作りたいという人、

TV・アニメで活躍する声優やナレーターを目指しているという方へも、

有益な情報をお届けしたいと思っています。

日本とyoutube

さてさて、ボイスオーバーについては日本案件よりも海外案件の方が美味しいですよと常々言っていますが、

それを支えているの日本のyoutubeということになります。

世界から日本のユーザーへ動画を届ける、広告動画を届ける。

その価値があると思われているということが、日本語専門ボイスオーバーアーティストのお仕事を土台を支えています。

国別ユーザー数

現在youtubeには世界で20億人以上のユーザーがいるようです。

まず、可能性としてそれだけの人数にリーチできる可能性があるというのがすごいですよね。

もちろん無限に動画があるなかで、全く見られない動画が大半であるというのは前提ですが、

完全に日本語のエンタメをしているのに、意外と世界に受け入れられたというような事例もあったりしますので、見せ方と努力によって大きな可能性を秘めたコンテンツだというのは間違いないところ。

そんな中、日本での視聴者はというと、

6000万人以上が視聴をしているそうです。

日本では人口の半分がyoutubeに親しんでいるということですね。

そりゃぁ相当大きな影響力を持つワケです。

それも年代でいうと若年層が中心になってくるでしょうから、キッズコンテンツや若年層向けコンテンツが多く花開くのも必然といえば必然ですね。

そんな6000万人以上の視聴というのは、アメリカ、インドに次いで3位なのだそうです。

2位がインドなんだーという感じもしますし、日本が3位というのも少々驚きではありますね。

成長がそれほどでもない中でyoutube視聴率が3位というのは、

格差がそこまで大きく無く、広くインフラを整えるだけの最低限の経済力を持つ人が多く、ある種暇を持て余して平和ということなのでしょうか?

これだけのユーザー数を抱えながら、自国言語の本家チャンネルで、日本人からの流入が低かったら?

日本人の第二言語の識字能力の低さは顕著ですから、当然そういう流れにもなると思います。

そして、そこが取りこぼしの大きなポイントだということで、日本版も作成しよう、となります。

もちろん、グローバル展開を考えているところは日本だけじゃ無く他の国も作られていっていますが、

そこに日本がしっかり加わっているということが非常に重要なのだと思います。

日本のコンテンツ

もう一つの要因が、やはり日本の誇るコンテンツ。

割と日本展開を考えているチャンネルの多くが、その中に日本について触れているコンテンツがあることが多いです。

日本の独特の文化があったり、日本の技術も各国と並び紹介されたりと、

そういった世界の中できちんとコンテンツの一部として日本が選ばれているということも、日本を意識してくれる為のポイントなのだろうとおもいます。

まとめ

ということで、

多くの視聴者を抱えている日本のユーザーがー、識字率の低さや独自コンテンツの盛り上がりにより、日本のコンテンツにも触れているのにそのサイトへの日本人の流入が低かったら、

余裕のある海外大手サイトは、グローバル展開として日本もターゲットに加えるよね、という構図なのだと思います。

ただ注意点としては、先ほど述べたように、日本は独自のコンテンツが豊富にあり、国内コンテンツへの可処分時間が大いに消費され、海外の日本版コンテンツがこれから根付くのは中々大変な事でもあります。

そこである程度の成功を収めなければ、次に続くチャンネルも及び腰になるところはあるのかなぁと思うと、今後どうなっていくかはまだまだわからないところはあります。

が、現状はそんなこんなで海外案件に溢れた日本語ボイスオーバー、是非飛び込んでみてほしいなと思っております。

ではでは。